体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エクストレイルのライバル、国産車SUVは豊富なパワートレーンが強み【クローズアップ後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)での連載。今回は日産 エクストレイルをクローズアップ!

▲装備の随所に“タフギア”っぷりが感じられるエクストレイル。釣りをはじめ、アウトドアで大活躍する車だ

▲装備の随所に“タフギア”っぷりが感じられるエクストレイル。釣りをはじめ、アウトドアで大活躍する車だ

国産車はパワートレーン豊富、用途と予算に応じて選ぼう

今回テストしたのは2Lガソリンエンジンを搭載する20Xだったが、エクストレイルにはハイブリッドもある。もちろん燃費はハイブリッドの方が勝るが、価格も高いという図式。同クラスのSUVもガソリンとディーゼルやガソリンの自然吸気とターボなど、複数のパワートレーンを用意する例が多い。また駆動方式も4WDとFFから選べるモデルがほとんどなので、用途と予算に応じて選べる。

トヨタ ハリアーは最近までハイブリッドと2Lガソリンの2種類だったが、このほど2Lガソリンターボも追加した。マツダ CX-5は他のマツダ車同様2.2Lディーゼルに注目が集まるが2L、2.5Lガソリンもある。魅力的なのは力強さがありコスパも良いディーゼル。スバル フォレスターは2Lと2Lターボがあり、全車4WD。悪路に一番強いのはこの車か。

輸入車はコストの制約から売れ筋グレードを選んで輸入しているため、国産車ほどパワートレーンと駆動方式の組み合わせの自由度がない。ミニ ミニクロスオーバーは2Lディーゼルとプラグインハイブリッドがあり、ディーゼルはFFも選べる。プジョー 3008はFFのみの都市型SUVで、1.6Lガソリンターボと2Lディーゼルがある。フォルクスワーゲン ティグアンもFFのみの設定で、パワートレーンも1.4Lガソリンターボの1種類。

エクストレイルを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

人気車のライバルはもちろん新車だけではない。中古車にまで視野を広げれば選択肢は無限大に広がる。とはいえ、膨大な車種の中から選ぶのは困難な作業だ。そこで、塩見さんと編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか(※中古車価格帯、モデル流通量はともに8月9日時点のカーセンサーを参照)

日産 エクストレイル(2代目)

▲先代も“タフギア”はもちろん健在。2代目は実はMTのディーゼルモデルもある

▲先代も“タフギア”はもちろん健在。2代目は実はMTのディーゼルモデルもある

MTディーゼルモデルもあるニッチなラインナップ

海外ではここのところ世間を騒がせているディーゼルだが、少なくとも日本では燃料代が圧倒的に安く、かつ力強いのは事実。重い車でもアクセルを踏めばグイッと前へ進む感覚は、一度それに慣れると、小排気量のガソリンエンジンでは満足できなくなる。先代エクストレイルは世界で最も厳しい部類に入る日本のディーゼル規制であるポスト新長期規制を最初にクリアした車。当初はMTでしか規制をクリアできなかったが、のちにATも追加された。つまりMTのディーゼルモデルというニッチな要望にも応えてくれるということ。(塩見)

【中古車価格帯】50万~250万円

【モデル流通量】約1100台

三菱 パジェロ(現行型)<ディーゼルエンジン>

▲エクストレイルのタフさに惹かれたなら、悪路もガンガン行けるパジェロもオススメ

▲エクストレイルのタフさに惹かれたなら、悪路もガンガン行けるパジェロもオススメ

ガチな耐久性を求めるなら、クロカン由来のSUV

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。