体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャンプ展、9月1日から後期展示スタート! 新展示の原画を先行公開

7月18日から森アーツセンターギャラリーにて開催中の「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」。この時代を代表する350点以上の貴重な原画の数々や、伝説の作品が登場する会場限定の映像シアターなど、雑誌の黎明期から急成長の80年代を支えた圧倒的な作品の迫力に多くのファンが魅了されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

そして9月1日(金)より、後期展示がスタートします! 
100点を超える展示原画の入れ替えを行い、これまでご紹介出来なかった名場面の原画を新たに展示するとともに、公式ショップでは『シティーハンター』や『サーキットの狼』など新たに 8点の複製原画を販売開始。
そして、展示替えに先駆けて、『キン肉マン』、『DRAGON BALL』、『キャプテン翼』など新たに展示予定の原画の一部と、後期販売の複製原画が公開されますよ!

さらに、9月1日から9月7日までの1週間、会場内フォトスポットで撮影をし、その場で自身の SNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram)に投稿すると、毎日先着 100名様に『DRAGON BALL』缶バッジ(左画像)がプレゼントされちゃいます!!

JUMP SHOPでも3000円以上購入ごとに、1会計につき 1枚スピードくじが引けて、当たりがでればその場で「週刊少年ジャンプ展 VOL.1」のペアチケットが合計50組100名にプレゼントされます。なお、入場チケットは一般/学生2000円、高校生/中学生1500円、4歳~小学生800円、4歳未満は無料です。(価格はそれぞれ税込)

ジャンプ展、9月1日から後期展示スタート! 新展示の原画を先行公開原画:第3巻カバー用イラスト(1986年)
ジャンプ展、9月1日から後期展示スタート! 新展示の原画を先行公開原画:第5巻 カバー用イラスト(1983年)
ジャンプ展、9月1日から後期展示スタート! 新展示の原画を先行公開原画:WJ1985年第6号

(C)桂正和/集英社
(C)鳥山明/集英社
(C)高橋陽一/集英社
(C)ゆでたまご/集英社
(C)江口寿史/集英社

(大路実歩子 / 画像提供・週刊少年ジャンプ展PR事務局)

関連記事リンク(外部サイト)

だーりお初主演の『将棋めし』実写ドラマが8月地上波に登場!
『ONE PIECE』海外ドラマ化プロジェクト始動
『COMITIA122』でおよそ15年ぶりに早朝設営 協力者を大募集

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。