体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第154回「今週のアルゴリズム:トーナメントでの想定対戦数は?」正解者発表

「今週のアルゴリズム」とは

「今週のアルゴリズム」問題は、毎週火曜日にちょっとした問題を出題し、正解するとニックネームを掲載していくというシリーズ問題です。そして、正解した方全員に「たいへんよくできました」バッジも付与されます。

第154回は「今週のアルゴリズム:トーナメントでの想定対戦数は?」の問題です。

問題文「第154回 今週のお題:トーナメントでの想定対戦数は?」

第154回「今週のアルゴリズム:トーナメントでの想定対戦数は?」正解者発表

いよいよ夏の甲子園が始まります。
このような大会で用いられるのがトーナメント表です。
勝ち進んだことを想定し、どの投手をどの試合で使うのか検討することは珍しくありません。

今回はトーナメントにおける各チームの想定対戦数に注目します。
例えば、4チームでトーナメントを行うとき、トーナメント表の形として、以下のような形が考えられます。
このとき、各チームが決勝戦まで勝ち進んだときの対戦数は、それぞれ図の括弧内に書いた数字のようになります。

トーナメント表

この想定対戦数の合計を考えると、左側の形は8、右側の形は9になります。
同様に、n チームでトーナメントを行うとき、この合計が最小になる形と最大になるような、トーナメント表の形を求めることにします。

標準入力から n が与えられたとき、考えられるトーナメント表の形について、想定対戦数の合計の「最小値」と「最大値」を標準出力にスペース区切りで出力してください。
なお、n は500以下の正の整数とします。
例えば、 n = 4 のとき、最小値は8、最大値は9ですので、以下のように出力します。

【入出力サンプル】
標準入力
4

標準出力
8 9

正解者

おめでとうございます!正解者のみなさんです。(新着順)

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会