体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オシャレ好きは絶対に行くべき原宿の新ショップ!

オシャレ好きは絶対に行くべき原宿の新ショップ!
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。8月19日(土)のオンエアでは、原宿にオープンしたばかりの、ストリート・ファッションのセレクトショップ「DOMICILE TOKYO」をご紹介しました。

「NY中心のストリートブランドとか、スケートブランド、まだ日本に入っていないブランド、アメリカでもまだ流行だしくらいのブランドとかも入れているので、これから売れそうだなっていうものを中心にセレクトした、セレクトショップです」とお店のコンセプトを話してくれたのは、同店の店長さん。

お店はメンズのアイテムが中心ですが、メンズライクなファッションが好きな女性も訪れているそう。

現在、お店で扱っているブランド数は12〜13ほどで、今後は少しずつ入れ替えも予定しているとのこと。「今は、海外のブランドしかないんですけど、日本のブランドでコンセプトに合ったブランドも今後、どんどん入れていこうかなとは思っています」(DOMICILE TOKYO店長、以下同)

現在、ネット販売は行ってないそうなので、お店に足を運ばないと手に入らないアイテムばかりです。

そんな「DOMICILE TOKYO」の場所は、神宮前交差点から表参道の方面に少し進んだ、おしゃれなお店や新しいお店が連なっているエリアにあります。お店のデザインは、いま国内外で注目されているアートディレクターのYOSHIROTTENさんが担当。

もともとその場所にあった民家を改装したそうで“和と近未来”が混在する不思議な空間になっています。そんな「DOMICILE TOKYO」で扱っているアイテムの多くを占めるのは、Tシャツ。

さらに、「ここでしか出合えない!」というオススメTシャツを紹介していただきました。

まずは「Corner Club」というブランドが出しているTシャツ。「これは『LQQK STUDIO』っていうスタジオがあるんですけど、そこのメンバーのMAXという人の新しくはじめたブランドです」

日本でイベントを開くとあっという間にTシャツが完売してしまう、人気ブランド「LQQK STUDIO」。Tシャツを見たマリエは「かわいい!」とさっそく気に入ったよう。実はマリエがニューヨークにいたとき、アルバイトをしていたとか。そのためMAXさんのこともよく知っている仲だそうです。こんなカタチで再会することもあるのですね!

このほか、シカゴで一番オシャレといわれているセレクトショップ「RSVP Gallery」のバイヤーが手掛けるブランド「Infinite Archive」のTシャツなど、オシャレ好きにはたまらないアイテムが目白押し! マリエも激推ししました。

ストリート・ファッション好きは、とにかく一度は足を運んでおくべきショップですよ!

次週26日(土)の「SEASONS」では、武井壮さんが“夏バテ知らずの体”を作るメンテナンスをアドバイス。さらに話題のストレッチ専門スタジオ「SSS」で、ジンワリ効いてくる人気のストレッチをマリエが体験するなど、知りたい情報盛りだくさんでお送りするので、お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。