体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いろんな玩具を試し続けた1年間。我が家の赤ちゃんが気に入った玩具5選

いろんな玩具を試し続けた1年間。我が家の赤ちゃんが気に入った玩具5選 f:id:akasuguope04:20161107153621j:plain

赤ちゃんの玩具って「高い!」んですよね。

だからこそ、赤ちゃんが気に入ってくれて、かつ長く遊べる玩具ということを考えると、ご両親も悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで、もうすぐ1歳を迎えるわが子が気に入った玩具5選を紹介したいと思います。

【6ヶ月頃まで】

1.オーボール

我が家ではスタンダードにカラフルなものに、すずが入っているものを選びました。

4ヶ月頃までは視力も弱く、カラフルなものの方が認識しやすいというのと、振るとすずの音が鳴るので、わが子も興味をもって遊んでいます。11ヶ月の今では投げたり転がしたりもして遊んでいるので、結構長く遊べると思います。

網状の形状が、握力の弱い赤ちゃんでも持ちやすいので、お勧めです。

2.歯固め

こちらもいろいろなデザインがありますが、我が家ではバナナ型とキリン型を選びました。

バナナは離乳食で食べさせたところ、大好きなようで、ノリで選んでしまいましたが、わが子的にはキリンの方が好きだったみたいです。

というのも、脚や頭など、違った形なので、いろんな形のものが噛めて飽きないようなのです。

少し大きくなったころには、キリンでお人形遊びもできるので、こちらもいまだに現役です。

3.ジムメリー

新生児の頃から購入するご家庭も多いと思いますが、我が家もねんねの時期から遊ばせていました。

キャラクターのものは高いので我が家ではカラフルなくまや、ねこの無名ブランドのものを選びました。

お値段は特価で2500円くらいでしたね。

結論、キャラクターでなくても、遊ぶ!ということがわかりました。

ゆらしたり、引っ張ったりすると音が鳴るというのが楽しいみたいです。

たっちができるようになった今では、つかまり立ちをしながら遊んでいます。 関連記事:ぐずり対策にも使える!新生児期から楽しめる、我が家のお気に入りおもちゃベスト3

【7ヶ月~】

4.音の鳴る玩具

わが子も8ヶ月を迎えるころにはラッパを吹いたり、スイッチを押して音楽を鳴らしたりできるようになりました。

特にラッパは、渡すとずっと吹いています。

吹き口に唾がたまってしまいますので、定期的に取ってあげないといけませんが。

スイッチやたいこも狙いを定めてたたいたり、押したりできるので、自分の動作で何かリアクションがかえってくるのが楽しいようです。

電子音がうるさい!という方には、音の出るところをセロテープでふさいでしますと少し音量がセーブできるので、おすすめです。

5.車の玩具

男の子ならでは?という気がしますが、はたらくくるまシリーズがわが子には好評です。

自分でブーンブーンと遊んだり、車輪を手でくるくる回して楽しんだりと自分で考えて遊んでいるようですね。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会