体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

chay、全国ツアー閉幕 &10月にデビュー5周年記念ライブ開催発表

chayが8月19日(土)に東京・人見記念講堂で全国ツアー『chayTEA Tour 2017』のファイナル公演を開催した。
8月19日(土)@東京・人見記念講堂 (okmusic UP's)

6月に2ndアルバム『chayTEA』をリリースし、そのアルバムを引っさげた全国ツアー『chayTEA Tour 2017』を8月1日の仙台からスタートさせた。この「chayTEA」というアルバムは、カラーの違う様々な楽曲で構成されているので、一体、どのようなセットリストで挑んでくるのか!?仙台、広島、福岡、名古屋、大阪と5公演を大成功に収め、8月19日(土) 、いよいよファイナルである東京・人見記念講堂での公演を迎えた。会場に集まるファンを見ると、本当に幅広いファンに愛されていることが分かる。女性ファンが多いかと思いきや、男性ファン、そして可愛い子供達の姿も。先行のグッズには長蛇の列が出来ていて、アルバムジャケット写真をモチーフにしたタオルを首から下げるファン、chayと同じコーディネートをしたファンたちが様々なアイテムを身に着け、今か今かとライブのスタートを待ちわびていた。

いよいよライブスタート。インスタグラム風の映像が投影され、今までの公演の写真が次々と写し出される。映像が進むにつれ今か今かと観客の手拍子が増えていき、会場のボルテージが高まっていく。ステージに張られた幕が一気に下ろされ、chayの登場!!「恋のはじまりはいつも突然に」でスタート!!ボリュームのある白いドレスにデニムシャツを羽織り、太いベルト、そして花冠をつけ、アコースティックギターを持って可愛らしく歌う姿に、会場の視線は釘付けになる。「chayTEAツアーへようこそー!!」と叫ぶと、続けて2014年にリリースされたシングル「運命のアイラブユー」で更に会場のテンションも上がる。続く「Twinkle Days」では、今回のツアーで初お披露目となった、装飾が美しいゼマティスのエレキギターでイントロをかっこ良く弾き、魅せつける。chayの華やかな衣装はもちろん見どころの一つなのだが、曲ごとにギターを持ち替え、かき鳴らす姿も見どころの一つ。“カッコ可愛い”とはまさにこの姿であろう。「今日はファイナル!全員で楽しもうね!!」と、とにかく楽しそうにギターを弾く姿が印象的だ。

続けては、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のテーマソングでもおなじ荒井由実のカバー「12月の雨」を披露。これはプロデューサーに鈴木茂を迎えた事でも話題となった楽曲。アコースティックギターを軽快に弾きながら歌う姿に会場のテンションも上がる。そのままアコギで「好きで好きで好きすぎて」を披露。手拍子は更に響き渡る。あっと言う間に5曲を歌い上げると、バンドメンバーがステージ中央に集まってきて、アコースティックパートが始まる。花冠から、ベージュのハットに変え、「ちょっとウェスタン風に!」と笑うchayに「可愛いー!!」の声が上がる。バンドメンバーを紹介しながら、中央に集まったメンバーと演奏を始める。アルバム収録曲であり、初めて全編英語詞に挑戦した「Kiss me」を披露するが、ここではchayはバンジョーギターを奏でる。バンジョーから次はウクレレに持ち替え、こちらもアルバム収録曲「Be OK!」を楽しそうに歌う。アコースティックギターから、エレキギター、そして、バンジョーからウクレレ…様々なギターを次々と弾き分ける。「Be OK!」では会場のコール&レスポンスを煽り、ファンとの大合唱。とてもHAPPYな空間となった。この楽曲を作る時に、ライブをイメージしながら、ファンと一緒に歌いたい!という想いから作った楽曲だったため、実現できた喜びをchayもかみしめているようだった。

バンドメンバーがはけ、キーボードとchayだけになる。上に羽織っていたデニムを脱ぎ、また印象が変わって全身白いドレス姿で、「みんなの心に寄り添える曲になれば…」という想いを込めて作った楽曲「You」を熱唱。涙を浮かべるファンの姿があった。そして、バンドメンバーのセッションが始めると一旦、chayがステージから姿を消す。セッションが終ると、再び、chay登場!!ポニーテール、黒のライダースを羽織り、赤いミニスカート、そしてスニーカーで登場したchayはいつもの印象とは違った。ロック調の「Don’t Let Me Down」のイントロでポニーテールを振りみだしながらエレキをかき鳴らす。その姿に会場のファンは息をのんだ。勢いよく歌い上げると、ゆっくりと話出す。「今年の10月でデビュー5周年を迎えます」、ここまで音楽活動が続けられた事、そしてデビュー当時の路上ライブをやっていた頃の話を語り始め、当時19歳のころに自身で書いた「nineteen」という楽曲を披露する。会場全体がchayの歌声に聴き入っていた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。