体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【吉田凜音】 自分らしくいようと決めた

現在16歳の吉田凜音が、彼女の才能を愛するミュージシャンたちと作り上げた珠玉のミニアルバムがついに完成。そんな今作のこと、そして、今の自分についてじっくりと話してもらった。
 (okmusic UP's)
──『STAY FOOL!!』はジャンルレスですごくワクワクするミニアルバムに仕上がりましたね!
「ありがとうございます。今作はテンション高く始まって最後はしっとり聴かすという、最初から最後までの流れがすごく気持ち良くできているんです。私のさまざまな一面が見える一枚になりました。JKはもちろん、音楽に興味のある大人にも聴いてもらいたい曲がぎっしり詰まっています。」
──“吉田凜音=ラップ”というイメージが付いているからこそ、今作では歌ものも収録されていて新鮮でした。
「ラップのスキルを褒められるのは今も慣れないんです。というのも、その期待に応えられるかどうかというプレッシャーが常にあるんですよね。そのせいで歌ものを歌うことにも気を使っていたんですが、ラップは始めて2年未満なのに対して、歌は小学1年生からやっているので、私にとってはなくてもならないもので。そう考えるようになってから、周りの声を必要以上に気にすることなく、私らしく歌えたらいいと思えるようになったんです。今作をきっかけにラップだけじゃなく、いろんな曲に挑戦していきたいですね。」
──楽曲提供者には西寺郷太さんをはじめ、ケンモチヒデフミさん、DE DE MOUSE、E TICKET PRODUCTION、Shigeoさんなど、名だたるアーティストが並んでいますね。
「みなさん、すごく私のことを分かってくださっているだけでなく、どの曲も素晴らしいんです。中でもケンモチさんは水曜日のカンパネラのメンバーであり、楽曲を手掛けている方なので、何となく“水カンのような曲がくるのかな”と予想をしていたんですが、まったく違うしっとりとした、最先端な曲が上がってきて驚きました。今までここまで脱力して歌ったことがなかったので、歌っていてすごく気持ち良かったんです。」
──タイトル曲は『メガシャキ』のCMで流れていますね。
「この曲はCMのために書き下ろしているんですが、アルバムに入るとまったく違うストリートな雰囲気で聴いてもらえると思うんです。ぜひこのギャップを楽しんでほしいですね。」
──では、今作の中でリリックに共感した曲を教えてください。
「E TICKET PRODUCTIONさんからいただいた「パーティーアップ」は、私がこうありたいと思う姿を書いてくださっていたんです。私はこの曲のように嫌なこともあるけれど、友達と遊べば忘れるタイプでありたいんですよ。」
──マイペースのように見えて、そうではないのですね。
「そうなんですよ。そう言えば、最近は思っていることを考えすぎずにツイートするようになったんです。少し前までは表に出る立場を考えて控えていたんですが、少し息苦しくなってきて、その壁を取っ払ったんです。そしたら私のツイートに共感してくれる人も増えて。それがすごく嬉しくて。」
──言いたいことをしっかりと言うというのはヒップホップにも通じますしね。
「はい。デビューしてから、より音楽への気持ちも強くなったし、曲に対しての想いも強くなったんです。いつか自分のツイートを参考にしたリリックなども書いてみたいですね。」
──今作を引っ提げたワンマンライヴも決定しましたね。
「すごく楽しみです。今はダンスの振り付けをしている最中なんです。ライヴではたまに歌詞を間違えて勝手にリリックを作っちゃうので、その際はその場でしか楽しめないリリックを楽しんでもらいたいです(笑)。」
取材:吉田可奈
ミニアルバム『STAY FOOL!!』
2017年8月23日発売

Colourful Records/ビクターエンタテインメント

【初回限定盤(DVD付)】

VIZL-1209 ¥2,500(税抜)

【通常盤】

VICL-64826 ¥2,000(税抜)
『吉田凜音ワンマンライブ it’s rinne time~vol.01~』
9/16(土) 東京・TSUTAYA O-nest
吉田凜音
ヨシダリンネ:16歳の現役女子高生アーティスト。2016年に地元である北海道から上京し、アーティスト活動に専念。独自のファッションセンスとメイクで同世代の女子から高い共感を集める。映画にも出演を果たし女優としても活躍。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。