体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Mrs. GREEN APPLE】 “何だよ、この歌詞”って思われてもいいから グサッと刺したい

快進撃を続けるMrs. GREEN APPLEから届いたニューシングルは、ダブルタイアップの超強力盤。海外仕様のEDMポップ「WanteD! WanteD!」と疾走感あふれるロックチューン「On My MiND」で、ミセスはまた新しい世界への扉を開けた。
L→R 藤澤涼架(Key)、山中綾華(Dr)、髙野清宗(Ba)、若井滉斗(Gu)、大森元貴(Vo&Gu) (okmusic UP's)
“ミセス=どポップ”というイメージを ここで拭えるんじゃね?みたいな

──新曲「WanteD! WanteD!」は7月の大阪城野外音楽堂、東京の日比谷野外大音楽堂で初披露しましたが、ライヴでの手応えはどうでしたか?
大森
「EDMフェスみたいな、あまり日本じゃないような光景が観れました。アンコールの時に、みんなが(スマホの)ライトを照らしてくれてて、CO2(炭酸ガス噴射の特効)があった中で歌ってるんで、海外かな?みたいな。曲もそれをイメージして作ったし、重低音を意識したのも海外の作り方ではあるので。今まで観たことのない光景で、お客さんも恥ずかしがりながらも自由に乗ってくれてたり、それが新鮮でしたね。」
藤澤
「去年から初めてツアーを回り出して、移動中にみんなで今はまってる音楽とか気になってるものを共有し合う中で、元貴が海外のアーティストのライヴ映像を観せてくれた時に、向こうってお客さんもすごく自由な感じがして。それってあまり日本にない文化というか、それが広まったら素敵なことだよねって。自分たちとしても掲げていきたいことだったし。この「WanteD! WanteD!」がまさしくその一歩で、新しいものを切り開くものになったなって、野音をやって改めて思いましたね。」
──楽曲の構造としては、すごくシンプルですよね。Aメロ、サビ、展開、またサビ、みたいな。まさにダンスミュージックの作り方で。
大森
「めっちゃシンプルです。作ってて楽しかったですね。シングルのA面でこういう曲をリリースすることは、今までなかったから。「うブ」とか、ライヴでやってる「WHOO WHOO WHOO」とか、そっちの部類に入る曲で、でもよりハイブリッドに落とし込めてるかなって思います。」
──そもそも、この曲はドラマ『僕たちがやりました』のオープニング曲という依頼を受けて作り始めたの?
大森
「そうです。原作を読ませていただいて書き下ろした感じです。オープニングが何秒という話も聞いて、うまく耳に残るサビがいいなと思って、サビから作り始めて。で、アレンジとか音の感じは、最近聴いてる洋楽とか、日本人が聴いてフックになるものがいいなと思って作っていきました。」
──ドラマサイドからの曲調のリクエストとかは?
大森
「疾走感があって、ちょっと奇妙というか、何かから逃げてる感じで、どポップではないほうがいい…みたいな。“よし、来た!”と思いましたね。自分らはポップスをずっとやってるので、“ミセス=どポップ”というイメージを、ここで拭えるんじゃね?みたいな。タイアップがあってもなくても、こういう曲を書いていたと思うので、うまいタイミングだったと思います。」
──では、綾華さんは、この曲のプレイヤーとしてのこだわりは?
山中
「Aメロでは生ドラムは叩いてないです。全体的にすごく打ち込み感があるんですけど、打ち込みがメインのところでの私の役目は、あくまでも歌詞でハッとさせるための人間味だと思っていて。Aメロの歌詞は自分を客観的に見ているんですけど、サビで《僕らは逃げている》って自分に警告を鳴らしてる時に、打ち込みだけだと、まだ客観的に見ている感じがしちゃうんですよ。個人的にですけど。そこに少しでも人間的な要素が入ると、グサッとくるところがあるのかな?と。今までの打ち込みと生ドラムの共存とは違って、生ドラムはあくまでエッセンスとして加えるという関わり方をしています。」
──髙野くんは?
髙野
「僕も今回はほとんどがシンセベースの打ち込みで、エレキベースを弾いたのは途中で曲調が変わるところの8小節だけ。そこに全集中力を注ぎました。歌詞も全体的に攻撃的だったり、棘々した部分がある中で、途中からいきなりメジャー感のある明るい曲調に変わるんですけど、歌詞は皮肉めいたもので、ただハッピーなだけじゃない。それを表現するために、楽しいけど皮肉のようなイメージで弾きました。」
──プレイヤーが…特にリズム隊がそんなに歌詞を意識してプレーしてるのは、結構珍しいと思いますよ。
髙野
「歌詞の読み込みも毎回やっているので。この歌詞はどういう意味か?とか、この歌詞でどういうふうに感じた?とか。毎回やってます。」
──いいメンバーですねぇ、元貴くん。
大森
「僕が勝手にはやらせないんです…というのは冗談で(笑)。本当に僕のいないところで歌詞の読み合わせをしてくれてるので、それは大きいですね。個々のプレイヤーで完結していないというか、ちゃんと共有している。音楽的じゃない部分になっちゃうんですけど、そういうところを大事に活動してきた部分があるので心強いですね。」
──涼ちゃんは、この曲に関しては?
藤澤
「僕自身、ミセスの活動をする前から、ダンスナンバーを聴くタイプだったので、こういうサウンドをバンドでやっちゃうんだ!って、びっくりもしましたし、すごいワクワクもあって。世界的なトレンドであるトロピカルサウンドを、イントロからがっつり使っていたりとか、サビもすごい音圧に聴こえますけど、実は音数が少なくてシンプルな構成になっていたりとか。」
大森
「音数はダントツで少ないです、今までに比べて。」
藤澤
「聴いた瞬間に思わず体が乗っちゃうようなサウンド感がすごくいいなと。僕はミセスに入ってからキーボードをやり始めて、一緒に勉強してきたんですけど、今回は元貴がまた新しいシンセの音を取り入れてきたので、すごく驚いたし、ワクワクも広がったなって思いました。」
──では、若井くん。
若井
「基本がEDM調のサウンドなので、ギターとしては歌詞のヒリヒリ感をシンプルに出そうと思いました。デジタルなサウンドの上でロックンロールの歪みではなくて、ハイブリッドな歪みを意識したし、ちょっとした人間味をプラスできたかなと思います。」
──中間部でガラッと曲調が変わる、ポップに弾ける展開は最初からあったのですか?
大森
「ありました。皮肉なほどのポップさをアイロニー的な要素として入れたかったので。いつもの僕らだとあそこの部分を膨らませて歌っていると思うんだけど、今回は逆に皮肉としてああいう場面を入れるのが、今までになかったのかなと。久々にひねくれた曲だなと思います(笑)。」
良いとか悪いとかの次元じゃなくて 誰も辿り着いたことのない感じ

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。