体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【LACCO TOWER】 何色に見られようが我々は我々

エンタメ

前作から約5カ月、3rdアルバム『遥』が到着! 1曲目の広がりのあるバラード「遥」を筆頭に、シングルカットできそうなポップさとストレートな歌詞が光る、彼らにとって変革の一枚だ。
L→R 重田雅俊(Dr)、塩﨑啓示(Ba)、松川ケイスケ(Vo)、細川大介(Gu)、真一ジェット(Key) (okmusic UP's)
──すごく3rdアルバムらしいっていうか、入口の広さとポップセンスが、過去最高に感じられるアルバムですね。
松川
「前作(ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』)が振り切っていたので、そこからのギャップもあると思うんですけど、エッジを効かせる要因になったのは「遥」を1曲目に置いて、アルバムタイトルにしたということだと思います。」
──「遥」は結構前からあったのですか?
塩﨑
「できたのは早かったです。去年のツアー中かな。」
松川
「この曲は亀田誠治さんにプロデュースしていただいたんですけど、まだ出してない曲をいくつか聴いていただいた時に“これがいい”って選んでいただいて、リアレンジしたり、歌詞も見直して、最終的にこのかたちになりました。」
──「遥」はアニメ『ドラゴンボール超』のエンディング主題歌でもありますけど、亀田さんのプロデュースの話と、このタイアップの話、どちらが先だったのですか?
松川
「ほぼ同時にいただいたような感じでした。」
──そもそも楽曲の原石は両者に出会う前からあったと。ふたつの素晴らしい出会いを導く可能性は、原石の段階から感じてらっしゃったんでしょうか?
松川
「作曲してる真一ジェットからすると、「遥」を埋もれさせたくなかったらしいんですね。ものすごく気に入っていたみたいで。」
──亀田さんは「遥」に対してどんなことを言ってくれましたか?
塩﨑
「この曲自体がめちゃめちゃいいから自信を持っていこうって言ってくれて。素材自体を評価しながら、入れるもの入れて、引くもの引くっていう…プロデュースの仕事って、こういうものなんだって思いました。完成した時も、“泣ける名曲誕生”って言葉を呟いてくれたんですよ。それがすごく嬉しかったです。」
──亀田さんのような人や、「遥」のような曲…LACCO TOWERに自信を与えてくれる存在が、このタイミングで必要だったのかもしれませんね。 
松川
「我々もいろんなタイミングがありつつ、いろんな人と出会いつつなんですけど、もう外表的なところで自分たちをかたどっていく必要はないんじゃないかなって、僕は思うようになっていて。もう我々っぽさは何をやっても抜け切れないし、それは安定剤になるし。だから、外表的なところはもういいんじゃないかっていうひとつの結論でもあるんですよ。速い曲が1曲目である必要もないっていう。ジャケットや衣装を真っ白にしたのも、何色に見られようが我々は我々だっていう決意の表れというか、それも含めて入口をドーンって構えておきたいなって。やるなら思い切りやりたかったんです。裏を返せば、自信あるんだっていうことになるんで、僕の性格からすると怖かったりするんですけど、より多くの人に聴いてもらいたいからこそ、3枚目にあたって覚悟を決めた感じです。」
──歌詞もストレートな表現が目立ちますね。「葵」の《ねぇ 幸せって何?》っていう素朴な疑問とか、「擬態」の《正直は怖い真っ直ぐも怖い だから何かに 混ざる》っていうズバッと言い当てる感じとか。
松川
「前はアーティスティックにコーティングしていく癖があったんですけど、今回はそのへんもどうでもいいかなって(笑)。出しちゃおうぜ!っていう。音の雰囲気で昇華されてこうなったところもあります。」
──「擬態」はアレンジの混ざり具合も、歌詞とシンクロしてますよね。もっと言うと、ロック的な自由さというよりは、ジャズ的な自由さを感じました。
塩﨑
「この曲はジャジーなところも含めて遊べたんです。アルバムの中でも速い曲なんで、ノリは崩したくなかったんですけど、ド直球のロックにもしたくなかったんで。」
──これまでのLACCO TOWERの楽曲における遊び方って、ロックで過剰なように見えていたんですけど、ここで違う遊びを覚えたというか(笑)。
松川
「ほんと、その通りだと思います。真一が作り方を意識的に変えていってるところもあると思いますし。音的にシンプルにしたり、聴かせるべきところを聴かせるっていうところは、意識しながら作っていったんじゃないかなぁと。」
──入口の「遥」からさまざまな物語を経て、ラストのエモーショナルな「夕立」に辿り着くという流れも、とても美しいと思いました。
松川
「「夕立」の歌詞は《生きてる意味が あるとするなら それはきっとあなたでした》っていう一節が書けた段階で、もういいや!って思ったんですけど(笑)。恋愛の曲にも見えるんですけど、今後僕らが生きていく意味、バンドが生きていく意味というか…僕らって結局みんなに生かされているような気がしていて。そうじゃないと、こんな長いスパンをかけて成長できなかったと思うんですね。だから、みんなを引っ張るというより、みんなと一緒に歩んでいる感覚が強いんです。僕らが生きてる意味があるなら、聴いてくれるみんながいるからかなぁ…って、きれいなことを思ったり、思わなかったり(笑)。」
──(笑)。“遥”というアルバムタイトルは大事な曲名に由来するのはもちろん、アルバムの奥深さや、バンドの未来も示唆しているんじゃないかなって、改めて思いました。
松川
「そうですね。遥か彼方、未来永劫、何かが続いていくようなって意味も込めて、ジャケットもああいうイメージにしましたし。何だかよく分からないけど、きっと今いるところから素晴らしいものが、遥か彼方、未来に集まっていくんだよ、そのはずだよね…ってところもあって。いろんな意味合いも含めたタイトルになっています。」
取材:高橋美穂
アルバム『遥』
2017年8月23日発売

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会