体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く

「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く

7月下旬。Twitterのタイムライン上に、友人からのリツイートでとある画像が回ってきた。それは、2017年7月29日(土)に行われた、第68回呉の夏まつり「海上花火大会」のポスターだった。 

日本中いたるところで毎晩のように花火が打ち上がるこの季節。東京住みの私にとっては、呉でいつどんな花火大会が行われるのか、正直どっちでもよかった。

しかし、気にかかってしまったのだ。
原因はそのポスターの“異様さ”にある。

イラストに、
キャッチコピーだと…?

このポスターの異様さの原因。

まず、写真ではなくイラストだ。そして、キャッチコピーもある。ついでに、5パターンも用意されている。「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスターの“事件”を暴く

異様だ、と思った後に、気づけば惹かれていた。

ポスターデザインもだが、特にコピー。いや、これは秀逸すぎる。

そう思ったのは私だけじゃなかった。気づけばSNS上ではこのポスターが話題をかっさらっていた。「切ない」「素敵すぎる」「センス抜群」……、花火大会のポスターで、これほど世間が盛り上がったことがあっただろうか。しかも変化球で、世間の不特定多数の真部分集合を、みごと射抜いてしまった。これは“事件”である。

で、誰が作ったんだ、これ!

気になった私は、海上花火大会の関係者に聞き込みを始めた。すると、

・これはWEB限定のポスターである
・主催者が公式で出しているポスターではない

という情報が。
WEB限定ポスター……しかも、公式じゃない、だと……!?

じゃあ誰だ。誰が作ったんだ!
手がかりを求め、今度は呉市役所に問い合わせた。すると、こんな返答が。

呉市公式キャラクター「呉氏」を手がけた方が、呉市に大変愛着を持ってくださり、今回のポスターを作ってくださいました。

なんと有力な情報。ぜひ制作者の方に話を訊きたい!
そうお願いしたところ、紹介してもらうことができた。

あのPRをやっていた人でした

制作チームの代表としてお話を聞かせてくださったのは、ポスターのコピーを担当した大塚久雄さん(CMプランナー・コピーライター/株式会社電通中部支社)。

名前だけ聞いてもわからない方もいると思うので、作品を紹介したい。
大塚さんを含むクリエイティブチームが制作し、コピーライターズ名古屋『CNN賞2017』のWEB部門、三井明子賞を受賞したのが、こちら。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。