体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポップコーン!? 見た目も機能も満足のマグカップ3選

ポップコーン!? 見た目も機能も満足のマグカップ3選
J-WAVEで放送中の「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)のワンコーナー「What’s Up Tokyo」。8月18日(金)のオンエアでは、マルチクリエイターのハイロックさんがおすすめのマグカップを紹介してくれました。

ハイロックさんは映画やドラマに出てくるマグカップが気になるそうで、参考にしているそのだとか。そんなハイロックさんのオススメは? 「ちょうど、良いマグカップを探していたところ」というLiLiCoは興味津々です!

◯とにかく冷たい! 銅のマグカップ
まず、ハイロックさんが紹介してくれたのは、銅で作られたオシャレなマグカップでした。

「『ブレイキング・バッド』という人気ドラマのスピンオフドラマ『ベター・コール・ソウル』で、モスコミュールをすごく美味しそうに飲むシーンがあるんです。そのシーンで、モスコミュールを飲むのに使っているのが銅のマグカップ。銅は熱伝導率が非常に高いから、冷たいものを冷たい状態で飲むことができるんです」と、ハイロックさん。

そこで、冷たいアイスコーヒーを入れてマグカップを持ってみると、LiLiCoも稲葉も「つめた〜い!!」「飲み口も冷たくて良いですね!」と興奮。結露があるものの、脳で「冷たいもの」と認識しながら冷たいものを飲むため、余計に冷たく感じられるというわけです。ちなみに、モスコミュールを銅のマグカップで飲む理由を調べたところ、諸説あるものの「アメリカで禁酒法が施行された時代に、酒を飲んでいなうようにカモフラージュをする目的で、マグカップで飲んでいた」という説があるのだとか。

◯いつでもポップコーンが楽しめるマグカップ
続いて紹介したマグカップは、「1 Cup Microwave Corn Popper」という名前のマグカップで、ポップコーンを作るためのものです。中にポップコーンの種を入れ、穴の空いたフタの上にバターをセットして電子レンジでチンすると、2、3分でアツアツのポップコーンが出来上がり!

ハイロック:僕は”パーソナル・ポップコーン・メーカー”って呼んでます。ポップコーンって、最後は無理やり食べている感じじゃないですか?
LiLiCo:ほとんど、種しかないよね(笑)。
ハイロック:ちょうど良い量のポップコーンを、食べたい時に作るのが一番良いんです。
稲葉:美味しいうちに食べきれるからいいですよね!

「1 Cup Microwave Corn Popper」でポップコーンができる様子の動画が、番組のサイトで見られますので、要チェック! そのほか、レゴブロックと互換性のあるマグカップを紹介しました。

さて、次回8月25日の放送では、ハイロックさんが今度はオススメの「ガジェット」を紹介。「膝の上のオフィス」と呼ばれるアイテムをプレゼンします! そのほか、番組では「胸キュンワード選手権」を開催。素敵なプレゼントもありますので、どうぞ、お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。