体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごす

【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごす

田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルにあったカラーを色濃く反映させているようです。

今回はソビエト時代と現代のダーチャを見ていきましょう。(Vol.1はこちら)

DIYで自分たち色のダーチャを

【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごすPhoto by Houzz

ソビエト時代のダーチャは、まさにDIYプロジェクト。

モノもお金も不足していたこの時代、人々は創意工夫に励んだ。金属を鍛えて作ったポーチ飾りや、彫刻を施したコーニスや窓枠飾り、解体される革命前の建物から持ち出した色ガラスの窓枠などが、装飾的要素としてしばしばダーチャ作りに取り入れられている。

手に入るものはなんでもダーチャに使う、という心意気だったようで、古いペットボトル(苗を覆ったり、温室を作るため)や、ヨーグルトの空容器(苗を植えるため)まで活用していたというのだから。古いバスのドアを使って庭にシャワールームを作った例もあるようだ。現代のDIYは趣味の要素が強いが、当時は必要に迫られてのことだったのかもしれない。【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごすPhoto by Houzz

こちらの小さなダーチャでは、古い《ジグリ(ラーダ)》の車体が庭のオーナメントに。

冬場のダーチャは、一時的に使わないものや流行遅れになったものを保管しておく場所となることが多かった。レースの布地や、古いウィーンの椅子(曲木椅子)、装飾が施された給茶器(サモワール)、引き出しやキャビネットなど、「おばあちゃんの時代」を象徴するアイテムがしまい込まれた。

現代になってそれを引き継いだ人たちは、アンティークショップに行かずとも個性のある調度が手に入るということで、捨てられなかったことを感謝している様子。【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごすPhoto by Houzz モスクワ近郊の大きなテラス付きのダーチャ。インテリアデザインを手掛けたのはタチアナ・イワノヴァ さん。ダーチャの楽しみといえば、家族や友達と屋外のテーブルでお茶を飲む夕方のひととき。【Vol.2】ロシア人は、夏のバカンスを「ダーチャ」で過ごすPhoto by Houzz

近年のダーチャは、フレキシブルで個性豊か。

現代では、設計も敷地の使い方もオーナーの自由にできる。チェーホフのような田園生活を再現する人もいれば、科学論文を執筆するための仕事場としてダーチャを建てる人もいる。

また、畑仕事に専念する人も多い。現代ロシアでは家の大きさが制限されることもなくなったが、本物のダーチャはあまり大きく作るべきではない、というのが暗黙の了解だ。そのような建物は、ただ都会のアパートメントを大きくしたようなものと捉えられる。

そんなわけで、今も小さな木造の家屋や村の暮らしが愛され続けている。古いダーチャを改装して再生することも多く、歴史的なダーチャをモデルに新しいダーチャを建てる人もいる。

現代のダーチャ4選

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。