体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダニエル・クレイグ、ついに『007』新作でのボンド役復帰を正式表明

ダニエル・クレイグ、ついに『007』新作でのボンド役復帰を正式表明

ついに、ダニエル・クレイグが、『007』シリーズ最新作、『Bond 25(原題)』でジェームズ・ボンドに復帰することを正式に表明した。

ダニエル・クレイグは、全米で8月18日公開の映画『Logan Lucky』(原題)のプロモーションのために訪れた米テレビ番組『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』でボンド役の復帰を明言。そして、「これが最後だと思う。最高の状態で終わらせたいんだ。待ちきれないよ」と、これが自身の最後のボンド映画になることを示唆した。

この日、ダニエル・クレイグは、この番組の収録までに、いくつかインタビューを受けていたようだが、それらのインタビューに対して”慎重に”答えていたようだ。以下は、番組での2人のやり取りだ。

ダニエル・クレイグ
「一日中インタビューを受けていたんだ。皆僕に(この件について)尋ねてきたよ。僕はかなり口が重かったんじゃないかと思う。もし本当のことを話すなら、君に話すべきだとなんとなく思ってね」

スティーヴン・コルベア
「ダニエル・クレイグ、君はジェームズ・ボンド役に復帰するのかい?」

ダニエル・クレイグ
「そうだよ」

観客は大喜び。

ダニエル・クレイグ
「最高に幸せさ」

ダニエル・クレイグによれば、2ヶ月ほど前には復帰が決定していたとのことだが、今回、ボンド役復帰をスティーヴン・コルベアの番組で明かすために、取材でクールに振る舞い真実を明かせなかったことを番組内で謝罪した。

ダニエル・クレイグが前作『007 スペクター』で燃え尽きて、再びジェームズ・ボンドを演じるなら手首を切った方がマシだとジョークで発言したため、この1年、次のボンド役は誰かとウワサが飛び交っていた。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ダニエル・クレイグ、ついに『007』新作でのボンド役復帰を正式表明

ロシアの億万長者が妻に70カラットのダイヤの指輪をプレゼント!

IKEA公式が「ゲーム・オブ・スローンズ」の説明書ネタを投稿ww

レオナルド・ディカプリオ主役のレオナルド・ダ・ビンチの伝記映画が実現へ

米ドラマ『サンズ・オブ・アナーキー』のスピンオフ『Mayans MC』に続編!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。