ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

茶道具を買取ってもらう前に知っておきたいこと

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

茶道具は茶道の道具です。茶道をたしなんでいない一般の人にとってはあまり価値がわからないものも多いジャンルですが、ものによっては驚くような高額になるものもあります。

茶道具の買取を依頼する場合、買取業者がその価値を理解できるかどうかで大きく評価が変わります。高価な茶道具を気づかずに安値で手放してしまわないように、事前に買取りの際の注意点を理解しておきましょう。

茶道具は売れる?

japan-1604873_640

アンティークな茶道具は驚きの価格も

茶道具というものは、一見あまり華やかではないもののほうが価値があるということがよくあります。わびさびの心が愛されていることが大きな要因だと考えられます。その辺りが買取時に限らず、素人にはなかなか価値がわからない奥深いものです。

茶道の歴史は長く、しかも地位のある人々がこぞって嗜んできたものです。そのため茶道具には歴史的に価値あるもの、多くの人の手を渡って代々伝えられて来たもの、銘品と呼ばれる匠の手によるものなどがあります。

茶道を知らない人間にとってはただの地味な器が、何百万円もの価値を持つこともあるのです。特に骨董と呼ばれる古い銘品は思いもよらぬ高額な買取価格がつけられることがあります。

もし何もわからないまま受け継いだとしても、その茶道具を、古臭いから買取してもらえないと考えるのは、早計と言えるのです。

茶道具は茶器だけではない

茶道具と言えば、茶碗と茶筅、それに茶釜などを思い浮かべるのが一般的ではないでしょうか。しかし茶道具としては、掛け軸や花入れ、菓子器、お盆なども同じグループとして認識されています。

茶碗だけに気を取られて、他のものをおろそかに扱ってしまわないように気をつけましょう。特に木製の道具類は価値に気づかず日常使いの道具としてそのまま使ってしまっている場合もあるかもしれません。

古くから受け継がれているものの中には素人目では判別できないお宝もあります。代々受け継がれているものは、1度その価値を鑑定してもらうことを考えたほうがいいでしょう。

おすすめの買取店

b2168f14a171ff7f4a06e48dfb7c634d_s

古美術やかた

古美術やかたは、京都の老舗骨董の買取店です。長らく日本の文化の中心であり続けた京都で積み上げた経験と、その実績や目利きによる信頼も大きい買取店となっています。

また、NHKを始めとする各メディアでも紹介されている有名な買取店でもあります。こちらのお店は店頭買取の他、全国への出張買取も行っているので、京都まで持っていけないという場合でも安心です。

事前に簡単な鑑定をしてもらいたい場合には、画像をメールに添えて問い合わせをすることができます。

裏千家専門の茶道具買取.com 熊野堂

茶道にはいくつかの流派がありますが、その中でも有名な裏千家専門の茶道具を扱っているのが、裏千家専門の茶道具買取.com 熊野堂です。茶道具の専門買取業者なので、その目利きは確かと考えていいでしょう。

店舗は鎌倉と東京、横浜にあり、訪問買取の範囲として、東京23区、埼玉エリア、大宮、市川、神奈川エリア、小田原、熱海、京都、大阪、奈良、兵庫、愛知、滋賀、三重を挙げています。

ただし、他の地域でも要相談となっているので、無理という訳ではないようです。この店の特徴として、8日間の返品保証があり、買取ってもらってから8日後までは返してもらうことができます。

なんぼや

なんぼやは、全国に多くの店舗を持った買取業者です。店舗は駅近で訪れやすい場所にあり、持ち込み買取に便利です。また、出張買取も行っていて、全国どこでも出張費無料で訪れてもらえます。

この買取店の特徴として、LINEでの査定を行っているので、とりあえずすぐに価値があるかどうかを確認したいという場合にとても便利です。また、メール査定も行っているので、LINEに登録するのが面倒という場合でも、画像を送るだけで簡単な査定ができます。

茶道具を高く売るコツ

calculator-2359760_640

必ず元箱をつける

茶道具のなかでも価値があるものには箱がついています。茶道具の価値を高めるにはこの元箱が重要となります。なぜなら茶道具の元箱には箱書きという銘や由緒などを記した文字が入っているからです。

特に古い茶道具の鑑定にはこの箱書きが大きな役割を果たします。箱書きがなく茶碗だけでは由緒などがわからなくなってしまい、純粋にその茶碗の焼き物としての価値しか鑑定できません。

茶道の道具は作り手と経歴がとても大切なので、せっかくの高価な茶道具の価値が元箱無しでは半減どころではなく下がってしまうことがあるのです。

多くの業者で鑑定してもらう

茶道具は言うなれば趣味の道具です。その道の熟達者であればいくらでも値段をつけるようなものも、興味がない人にとっては、二束三文の価値となってしまうことがあります。

そのため、茶道具を鑑定する場合、その店にどのような顧客がいるかが金額の差となります。また茶道具にも流行り廃りがあり、人気のものは高く、不人気のものは安くなります。

この、流行り廃りも、茶道の流派や趣味人の好みによって決まるので、買取店によって値段が違うという事態が発生します。自分の持っている茶道具がどの業者に高く買取ってもらえるのかは、鑑定してもらうまではわかりません。

もちろん作者がわかっているものなら事前に調べることもできますが、やはり多くの業者で鑑定してもらうのが確実と考えたほうがいいでしょう。

注意点など

KAI428015_TP_V

知識がない場合は安易に洗浄をしない

茶道具のなかでも価値があるものは古いものが多く、管理する人が代わった後には蔵などに入れっぱなしであったということもよくあります。そんな茶道具は古ぼけていたり、汚れていることも多いでしょう。

そこで鑑定前に少しでも価値を上げるために洗浄したほうがいいと思うかもしれません。ところが、茶道具の中には水につけてしまうとダメになってしまうものがあるのです。

なかでも漆を使ったものは絶対に水洗いをしてはいけません。知識がない場合は、布などで軽く拭うぐらいにしておき、そのまま鑑定をしてもらってください。

汚いからと捨てない

茶道具の中でも茶碗などの焼き物は経年劣化が少ないのですが、金属、紙、竹材、木材などは保管の良し悪しや、時間の経過と共に劣化してしまうことがあります。

ところが見た目に汚いと思うものが実は高価なお宝であるということがよくあります。なぜなら骨董は古いもののほうが価値があるからです。古くなればなるほど劣化しやすい材質のものは残りにくくなります。

つまり残っているものは、希少価値が上がるのです。たとえ一見価値がないように見えても、茶碗の箱や縛っている紐、掛け軸、錆びた茶釜や鉄瓶などは捨てずに1度鑑定してもらいましょう。

まとめ

茶道具は趣味で集めている本人はその価値がよくわかるものですが、素人には全く買取価格など予想できないものと言えるでしょう。故人の形見などで受け継いだものを手放す際には、その価値がわかる買取業者を選ぶことが大切です。

骨董品を取り扱っている業者ならどこでも同じと思うかもしれませんが、実際は店ごとに鑑定額が大きく変動したりします。必ず事前に複数の業者で鑑定をしてもらってください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。