体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女優・ミムラも称賛!大人でアートな“お洒落怖い絵本”『怪物学抄』

女優・ミムラも称賛!大人でアートな“お洒落怖い絵本”『怪物学抄』
ヨーロピアン映画などユニークな映画を上映、また、座り心地がいいことでも有名な映画館「渋谷ユーロスペース」で、この夏、世界的アニメーション作家、山村浩二様の短編作品全9本が一挙公開になっております。その名も『山村浩二 右目と左目でみる夢』。ライムスター宇多丸様も「脳がワクワクしっぱなし!」とコメントされております。

 

出展:http://www.praxinoscope.jp/DRL.html

 

ちなみに、山村様は「頭山」でアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート、6つのグランプリ、さらに「カフカ 田舎医者」では7つのグランプリと、国際的な受賞は60を超えております。そんな山村様の最新作が現在、一挙公開されております。なかでも、注目を集めている作品が、『怪物学抄』。

 

こちらの作品は、“中世ヨーロッパの架空の怪物学者による公文書”というコンセプトで制作、「涙の味」「飼いならされた野生」「筋肉質な暗闇」といった名を持つ様々な不思議な生き物“怪物”たちの生態を描写した作品となっております。

 

そして、なんと!! この作品、同時に絵本も出版になっております。

 怪物学抄
amazon.co.jpより

 

実は、山村様は映像作品だけでなく絵本も数多く制作されております(絵だけ担当されている作品も多い)。ねじめ正一様、荻原規子様、石津ちひろ様、木坂涼様など、人気作家様とコラボしたり、宮沢賢治様やフランツ・カフカ様らの作品をもとにした絵本などを手掛けておられます。人気絵本作家の石津ちひろ様とのコラボ作、「おやおや、おやさい」、「くだもの だもの」は、個人的にも好きでございます。

 おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)
amazon.co.jpより
くだもの だもの (幼児絵本シリーズ)
amazon.co.jpより

 

絵本の世界では、ポップで、洋風で、かわいい、どちらかというと、子ども向けの絵をたくさん描かれているイメージの強い山村様ですが、今回描かれた怪物は、正反対でございます。オシャレでグロい怪物に仕上がっております。

 

中世ヨーロッパの雰囲気をいかんなく発揮しております。これまでの絵本もかなりアートですが、よりアートで、大人好みでございます。女優のミムラさまも、こうおっしゃっております。「欧米の独壇場だったお洒落怖い絵本が、日本で結晶化して嬉しい!」と。“お洒落怖い絵本”、これから大人絵本の世界でブームなるかも…。

 

この夏は、映画、絵本で是非、“お洒落怖い”ご体験くださいませ。

(文:N田N昌)

関連記事リンク(外部サイト)

台風報道のルーツは絵本の中!?恐るべし加古里子(かこさとし)の科学絵本
シュール絵本がまた話題に!人気イケメン絵本作家の「にんげんごみばこ」
大人が笑っちゃう!海水浴で盛り上がるシュール系大人絵本
【終戦記念日】大人が自分のために読んでもらいたい大人絵本
大人が絶対声を出して笑える二冊の「お月さま絵本」

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。