体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

巨大な万華鏡?!光の渦にめまいを感じるイラン「ピンク・モスク」の絶景

差し込むきらびやかな光の渦にめまいを感じるほど。

巨大な万華鏡?!イランのピンク・モスクに差し込むステンドグラスの光に包まれる。
そのモスクの名前は「ナスィーロル・モルク・モスク」。ビビッドな光を映しこむピンクのタイルの美しさから「ピンク・モスク」とも呼ばれています。

色とりどりのステンドグラスで色づけられた光が室内に差し込めば、色鮮やかなタイルとじゅうたんに反射して、複雑な光の渦を作り出します。さらに太陽の動きと共に少しづつ表情を変える光景に、まるで万華鏡の中に入り込んでしまったようです。

秋から春の朝がおすすめ。

巨大な万華鏡?!イランのピンク・モスクに差し込むステンドグラスの光に包まれる。
このモスクを訪れるなら秋から春にかけての、それも朝がおすすめです。モスクの奥まで日差しが差し込んでその美しさを堪能できます。曜日によってオープン時間が異なるので事前に最新の情報を確認してくださいね。

また、一般的にモスクを訪れる際には、肌の露出を抑えるのがエチケット。袖のないシャツや短パンは避けたほうが良いと言われていますのでご注意を。

シラーズはイランのカルチャーの中心

巨大な万華鏡?!イランのピンク・モスクに差し込むステンドグラスの光に包まれる。
このきらびやかな光のモスクは、シラーズという都市にあります。「イランのカルチャーの中心」、「詩の街」、「庭園の街」、「花とナイチンゲールの街」という名前でも愛されている美しい街です。

この町の起源は古く、紀元前2000年。13世紀にはペルシャの学者と芸術家が集まる街になったとのこと。現在では、よく手入れされた樹木と果樹が茂る庭園が多く、その中でも「エラム庭園」はその中でもぜひ訪れたい13世紀中ごろに作られたお屋敷とペルシャ風の庭です。

また、三角形のパーツを合わせたモザイクや、キリムと呼ばれる独特なペルシャ絨毯などが伝統的な工芸品です。

日本からのアクセス

巨大な万華鏡?!イランのピンク・モスクに差し込むステンドグラスの光に包まれる。
ピンク・モスクがあるシラーズへは、イランの首都テヘランからなら飛行機で1時間20分ほど。カタール航空を利用してドーハからでも1時間20分です。

今でも現役で地元の人が祈りに訪れるモスク。こんな幻想的な光のモスクで祈り、生活をしている人たちはどのような人たちなんでしょう。そして、その人たちが住むシラーズの街の今の姿も、自分の目で見てみたいと思いませんか。

[Visiting a Mosque]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。