体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【裏ワザ】さば缶はチョイ焼きで風味アップ!夏向きピリ辛「冷やし坦々うどん」

f:id:sakanaya-sandaime:20170814130524j:plain

足が速い(鮮度が落ちやすいってことね)さばを、新鮮なうちに密封&加熱殺菌して作るさば缶。栄養価も高いのはもちろん、非常食(冷蔵庫が空っぽのときの“非常食”という意味も……)としても良いですよね。

水煮から醤油味、味噌味などいろいろあるさば缶は、もちろんそのまま食べてもイケる。それにメーカーによっても味の濃さや風味が違うので、食べ比べてみるのも楽しいと思います。水煮にも塩を使用、不使用タイプがあるのでいろいろと使い分けができますし、オイル漬けやゴロッと大きくプレミアム缶(感)アリアリのタイプなども料理の幅を広げてくれます!

f:id:sakanaya-sandaime:20170814141252j:plain

で、今回は「水煮」のさば缶で作る冷たい「坦々風うどん」。私は稲庭うどんを使っていますが、讃岐うどんやきしめんでもOK。お好きなうどんで作ってみてくださいね。さば缶を風味がアップするひと手間もご紹介します。

魚屋三代目の「さば缶で冷やし坦々うどん」

【材料】2人前

うどん(今回は稲庭うどんを使用) 2人前 さば水煮缶 1個(140g) きゅうりの千切り、白髪ネギ 適量 万能ネギ(小口切り) お好みで ラー油 お好みで 氷 6~8個

(A)(1人分の量、それぞれの器ごとに混ぜ合わせます) ゴマだれ(市販品) 大さじ4(しゃぶしゃぶ用など) ポン酢 大さじ1 炒りごま(白) 大さじ1 粉唐辛子(一味でも大丈夫です) お好みで

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170814130531j:plain

1. 盛りつける器それぞれに(A)の調味料を入れてよく混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で冷やしておきます。

※ゴマだれはメーカーによって甘さや酸味などが違うのでお好みのもので。ゴマドレッシング(オイルタイプや中華ゴマタイプ以外のもの)でも大丈夫ですが、味見をしながら混ぜる量を加減してください。甘さが足りなければ砂糖を足したり、酸味が少なければ酢やポン酢の量を変えてくださいね!

f:id:sakanaya-sandaime:20170814130536j:plain

2. さば缶は中身を取り出して水気を切り、耐熱の皿などにのせオーブントースターで表面に焼き色をつけます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170814130539j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。