体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【速報レポ】17日から開催「ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜」

【速報レポ】17日から開催「ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜」 ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜

8月17日(木)から20日(日)まで、日本初のミシュランガイド・フードフェスティバルが、横浜赤レンガ倉庫で、開催されます。

ミシュランガイド掲載店といえば、人気店で予約がとれなかったり敷居が高いようなイメージがありますが、このミシュランガイド・フードフェスティバルは、誰でも気軽に1000円から料理を食べられるとのこと!!

いてもたってもいられず、編集部の食いしん坊・藤井&梶谷が初日に行ってきました!

事前に注意したい点、そして気になるメニューや味を、現場の雰囲気そのままにレポートします!ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜

潜入取材してきました!

ミシュランガイド・フードフェスティバルとは?

日本で「ミシュランガイド」が発刊されてから昨年で 10 年。日本の食に対するミシュランガイドの評価は非常に高く、星付きでミシュランガイドに掲載された料理店数を都市別でみると、実は東京が227軒で世界一!第二位は京都、第四位が大阪と、日本は美味しい料理にあふれたグルメ国家なのです。

今回のフェスでは、世界一のグルメ都市である東京に加え、横浜・川崎・湘南地区のミシュランガイドに掲載された約15店舗がイベント限定のオリジナルメニューを提供します♪

さらに、「星は付かないが、特にコストパフォーマンスが高く良質な料理を提供する飲食店・レストラン」を意味するビブグルマンの出店もあるそうです!ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜

ミシュランガイド掲載店の料理が1000円から食べられる!

イベント会場に行くまでの3つのポイント!

会場に立ち入った瞬間、なんとも食欲をそそられる香りが漂います。お店にすぐ行きたくなる気持ちを抑え、会場へ行くまでに注意しておきたいことをいくつかご紹介します。

1.事前に「チケット」を手に入れよう!

食事をするためには1枚1,000円(税込)のフードチケットが必要です。当日、会場内の「フードチケット売り場」で購入することももちろん可能ですが、スムーズに会場を回るためには事前購入をオススメします!

事前購入は、全国のファミリーマート店内に設置の「Fami ポート」で1人10枚まで前売りフードチケットを購入出来ます。返金はされないので、食べる分だけのチケットを購入して臨みましょう!ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜 フードチケット

一枚1000円から

2.公共の交通機関を利用しよう!

車で会場まで行こうと考えている方もいるのではないでしょうか?赤レンガ倉庫の駐車場、会場周辺の一般駐車場も利用できますが、開催期間中は混雑が予想されます。電車やバスなど、公共機関の利用をオススメします!

3.雨の日はカッパを持参で!

連日天気の悪い日が続いていますよね。でも大丈夫♪屋根付きの食事スペースがあります!ミシュランガイド・フードフェスティバル2017 in 横浜 食事スペース
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。