体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地取材】タイのアイドルヲタがエモすぎる / アイドルグループ「ゆるめるモ!」初バンコクライヴ密着レポート

ylml4

2012年に結成された4人組の〈ニューウェイヴ・アイドル〉ゆるめるモ! はご存知だろうか。アイドル・イベント~フェスの常連でありながらライヴハウスでギターウルフや非常階段と一線交えるなど、その幅広すぎな活動によってアイドルファンのみならず一般の音楽ファンからも支持されているグループだ。

・バンコクでワンマンライヴ
AKBグループのように国民的人気があるわけではないが地上波レギュラーを持ちタレントとしての知名度も着実に上げてきている。そんなゆるめるモ! が、2017年4月29日に初めてバンコクでワンマンライヴを行った。

これまで台湾や上海などでもライヴを行ってきた彼女たちが、バンコクではどんなライヴを見せてくれたのか。客層は? 盛り上がり方は? 日本との違いを見てきたのでレポートしてみたい。

ylml6

・なぜバンコクでライヴを行うのか
そもそもゆるめるモ! が今回バンコクでライヴを行った理由は、タイの有志による日本のアイドル応援サイト〈サイアムドル http://www.siamdol.com/ 〉が、「ゆるめるモ! が見たい!」という強い意思で彼女たちを招聘したから。つまり、本公演はアイドル好きのタイ人たち(=ヲタ)の熱意が実現させたわけで、盛り上がらないはずがないのだ。

11時の会場時間には、すでに20人ほどのファンが集まってる。日本から来た遠征組もいるが8割は現地ファンといったところ。女性率は全体の1割ほどだろうか。10代後半~30代前半が多いようだ。顔なじみが集まっているため受付前はオフ会のように騒ぎあい、テンションを高めあっている。「おー、久しぶりー」日本語が達者なわけではないが、タイ人ヲタの中では断片的に日本語を使うのが流行っているようだ。タイ人同士の会話で日本語が飛び交う様子は、異世界にいるような奇妙さがあった。

ylml1
ylml2

・タイ人ヲタの熱っぽいコール
この日は午前と午後の一日2回公演。どちらの公演も前座として現地で活動をするアイドル、Suteki Wings、ChoNe-biがそれぞれ出演した。両方日本のアイドルの歌を口パクで歌いながら本家のダンスをコピーするという、ちょっと変わったパフォーマンスをするユニットだ。

タイ人ヲタは朝からの公演というハンデを物ともせず、Suteki Wingsの口パク演技に対し異常な熱で応援をはじめる。バンドじゃないもん! の曲を流しながらダンスをコピーする彼女たちの演技は決して褒められたものではないが、ヲタはお構いなしに熱すぎるコールをぶつける。メンバー名を叫び、サイリウムを降って踊る。曲のイントロに合わせて「タイガー、ファイヤー、サイバー……」と意味不明の掛け声を全力で叫ぶ。日本のアイドルライヴではおなじみの光景がここでも繰り広げられているのだ。

ylml3

・とにかく熱いタイ人ヲタたち
ゆるめるモ! のライヴでも客の盛り上がり方は日本のライヴとほぼ変わらない。曲に合わせてコールを叫び、覚えている振り付けは一緒に踊り、お気に入りのメンバーの歌唱パートでは騎馬戦のように他の客の上に乗ってメンバーに近づく。日常生活でのストレスを発散場所というわけでもないんだろうが、とにかく声がでかくて動きが大きいヲタが多いのだ。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。