ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

まつ毛の3大悩み「少ない・短い・抜けやすい」をどうにかしたい!解決方法を緊急リサーチ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

見た目の印象を大きく左右する目元

「目」は顔のパーツの中でも顔の印象を決める重要なパーツ。
目元を大きく美しく見せるするために、マスカラやつけまつ毛、まつ毛エクステなど、まつ毛メイクに力を入れている方も多いのではないでしょうか?
それに伴って、近年、まつ毛に関する悩みも増えています。

そこで「まつ毛」の悩みや効果的なケアに関して、ドクターシーラボが調査。今回はその結果をご紹介します!

まつ毛の3大悩み!!「少ない・短い・抜けやすい」

まつ毛の3大悩み!!

まつ毛の悩みについて調査したところ、

1位 「ボリュームが少ない(65.7%)」
2位 「短い(51.5%)」
3位 「抜けやすい(39.4%)」

という回答結果に。
(調査概要:Webアンケート/2017年7月28日~29日/20歳~59歳 女性482名)

お人形のようなくりっとしたパッチリおめめにフサフサまつ毛は、やっぱり女の子の憧れ。理想とのギャップに悩んでいる女性も多いようです。

そこで、世の女性たちの悩みを解決すべく専門のドクター、シロノクリニック総院長 城野親徳さんに、まつ毛に関するお話を伺うことに!

なぜまつ毛は短くなり、ボリュームが減るのか?

【まつ毛の寿命は短い】
まつ毛の寿命は1~3ヶ月で、1日あたり0.1mm程度しか伸びません。対して、髪の毛の寿命は数年と長く、1日あたり0.5mm程度伸びます。まつ毛はとても繊細なパーツなのです。

【メイクやクレンジングがダメージを与える】
まつ毛は、まぶたと粘膜の境に生えていて、摩擦や刺激に弱いため、ビューラーの間違った使い方やつけまつ毛のグルー、さらにアイメイクを落とす時に力を入れ過ぎることで、抜ける・切れるなどの原因となります。毛周期でないタイミングに抜けることで、ボリュームが少なくなり、次第に細いまつ毛ばかりになっていきます。まつ毛の寿命は縮まる一方です。

長く、太く、豊かなまつ毛にするためには?

【ダメージからまつ毛を守る】
メイクやクレンジング時に、摩擦や刺激を与えないことはもちろんですが、日中のまつ毛乾燥対策も重要です。アボカド油や、コラーゲン、ヒアルロン酸などのうるおい成分でケアすることで、乾燥によるダメージを最小限に抑えます。マスカラを選ぶ際には、美容成分やうるおい成分が配合されているものを選びましょう。

【「パンテノール」や「センブリエキス」でダメージを修復し若々しく保つ】
ダメージを受けたまつ毛は、肌や髪と同様にケアすることが有効です。枝毛・切れ毛予防のトリートメント成分として知られる「パンテノール」は傷んだまつ毛を保護・補修します。若々しく健康的なまつ毛になりたい方は「センブリエキス」など、まつ毛の環境を整える成分で日常的にケアをしましょう。ボリュームのある長いまつ毛を手に入れられます。

今回インタビューにお答え頂いたドクターは、この方!
城野 親徳 氏(シロノクリニック総院長)
城野 親徳 氏(シロノクリニック総院長)
皮膚科領域の先端医療や最新の成分に精通した美のエキスパート。

■結論■ ケア次第でまつ毛は太く・長くなる!

「まつ毛のボリュームが少ない」、「短い」という悩みを諦める必要はありません。ケア次第で太く、長くすることも、寿命を延ばすことも可能です。まつ毛へ与えるダメージを最小限にすること、乾燥から守ること、傷んだまつ毛を保護・補修することなどで、長くボリュームのあるまつ毛を育てることができます。メイクに頼るだけではなく、ケアの行き届いた美しい地まつ毛を手に入れましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。