体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サラサラお出汁のうな茶漬

8月17日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、旅行のド素人の男性アイドルが穴場観光地で旅の面白さを学ぶ特集の中で、「大野屋」(千葉県成田市)が紹介された。

名物の鰻料理をはじめ地元の食材を使った料理が豊富なこちらの老舗。今回いただいたのは「漬物茶漬」(1100円)、「冷レモン鶏そば」(1100円)、「鰻重・上」(4600円)、「うな茶漬・上」(4800円)の4品だ。

「漬物茶漬」は、鉄砲漬けを始め、たまり漬けなど7種類の漬物を茶漬けで楽しめる。鉄砲漬けとは成田の名産で、鉄砲の筒に見立てた白瓜に弾丸に見立てたシソ巻き唐辛子をつめ、醤油とみりんなどで漬けた郷土料理。お茶漬けの出汁はカツオと昆布を使用している。

「冷レモン鶏そば」は、見た目も爽やか。たっぷりのレモンに山菜、カツオ出汁風味の鶏肉が載った一品だ。使用しているのは、千葉県の錦爽どり。肉質はやわらかく、ほどよい歯ごたえが特徴。

「鰻重・上」は、一度蒸してから一気に焼き上げ、ふっくらと仕上がったうなぎに継ぎ足しの秘伝ダレを多めにつけ、丹念に塗りながら焼いた一品。

「うな茶漬・上」は、ひつまぶしとは違いうなぎを刻んでいないのが特徴だ。

「漬物茶漬」を一口食べた友近さんは「あ~っ、おいしいお漬け物!ほんとこの、出汁入れてちょうどいいぐらいの、濃すぎず。ちょうど合うんですね、出汁に。そういう味付けされてる。あっ、おいしい~っ」とコメントしてもう一度お茶漬けに口を付けた。

「冷レモン鶏そば」を前にした女性タレントは「麺細い!私の理想、これ!この細さ~」と嬉しそうだ。一口食べて「ん~っ!レモンがフワンってくる!レモンの香りすごい!さっぱりと酸っぱい甘みみたいな風味がでます」とコメント。鶏肉を食べて「お肉弾力すごい!元気だ!このお肉!」と嬉しそうだ。「いやこれ、クーラーガンガンの中で食べても絶対おいしいし、今のこういうそよ風がきてるときに食べてもいい気がする。おいしい~」ともう一度そばを啜った。

「鰻重・上」を提供されて大興奮の男性芸能人は、一口二口と口に運んでから「う!うまいっ!ヤバい!」と叫び、「うなぎの味しっかりしてる!見てこれ、持っただけで切れる!」とコメント。贅沢に大きく切ったうなぎを一口で食べた男性アイドルは両手を叩いて「うまい!うなぎが踊ってますよ!」と大絶賛した。

「うな茶漬・上」をまずはそのまま頬張った水卜麻美さんは「おいし~い!う~ん!」とうっとり。出汁をかけてもう一口食べ、「ふぅ~んっ!おいしい!タレが溶け出して、サラサラサラ~っとうなぎが入ってくる!うなぎしっかり味濃いから全然薄まらない。もう本当においしいです!あっさり!さらり!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:旅館大野屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:成田・佐原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:成田・佐原×和食のお店一覧
サラサラお出汁のうな茶漬
モチモチ食感のおだんごと秘伝の甘辛ダレのコンビネーション

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。