体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケイト・ブランシェット、ジャック・ブラック主演の映画版『The House with a Clock in Its Walls(原題)』に出演へ


ケイト・ブランシェットは、1973年出版の小説『The House with a Clock in Its Walls(原題)』の映画化作品への出演交渉に入っている。原作は作家ジョン・ベレアズによる作品で、エドワード・ゴーリーが挿絵を担当した。アンブリン・エンターテイメントとミソロジー・エンターテイメントが映画化する。

監督はイーライ・ロス、脚本はエリック・クリプキが担当する。

親を亡くして孤児となった10歳の少年を描く。少年はおじさんの古い家で、隠された通路や魔法、危険などを発見する。

ブラッドリー・フィッシャーとジェームズ・ヴァンダービルトが、クリプキと共にプロデュース。エグゼクティブ・プロデューサーには、ウィリアム・シェラック、トレイシー・ニーベリ、レータ・カログリディスらが名を連ねる。

契約が成立すれば、同作はブランシェットにとって、11月に公開を控える映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』と並ぶファミリー向けの作品となる。ブランシェットは、7月に開催されたサンディエゴ・コミコンで、彼女がマーベル作品で自身の役を喜々として演じる大きな理由は、ブランシェットの子供たちが彼女をマーベル・シネマティック・ユニバースに「喜んで引き込んだ」ことだと説明した。『The House with a Clock in Its Walls(原題)』は、ブランシェットが収まる新しいスタイルを打ち出す作品となろう。

現在ブランシェットは、クリステン・ウィグと共演するリチャード・リンクレイター監督の映画『Where’d You Go Bernadette(原題)』の撮影に入っている。また、2018年夏には映画『オーシャンズ8』の米劇場公開を控える。ブランシェットが主演する米女優ルシル・ボールの伝記映画『Lucy and Desi(原題)』は、最近、米アマゾンが映画化権を獲得した。

ブランシェットの代理人はCAA。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。