体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジュースブランド「Why Juice?」からヘルシーな新商品登場

現代人に必要なバランスのとれた食生活をEasy&Fastなアプローチで解決するジュースブランド「Why Juice?」から、新商品の「Soda」と「Veggie & Fruits Soup」が発売。

夏にぴったりの「Soda」380円(税抜)は、レモン・ジンジャー・塩・きび砂糖のみで作った微炭酸の爽やかなレモンジンジャエール。すべて国産の無農薬、減農薬にこだわった安全な素材だけを使っているので、子どもにも安心。また、糖類の甘みを通常の半分以下に抑え、暑い夏の日やスポーツ前後の水分補給として、また食事にあわせても飲みやすいすっきりとした味わいだ。

「Veggie & Fruits Soup」は、コンパクトなパウチで3種類登場。「Veggie Soupカブ」420円(税抜)は、Vege料理家の秋場奈奈さんと共同開発したレシピ。国産の有機カブを丸ごと煮込み、ひとつまみの海塩という究極のシンプルな味付けで、野菜本来のほっとする甘みを引き立てる。温めるだけでなく、冷製スープとして、また料理のソースとして使うと、いつもとは違う特別なメニューに早変わりする。

「Fruits Soup」380円(税抜)は、愛媛県産のみかんをベースにした「Fruits Soup みかん」(みかん・グレープフルーツ・にんじん)と、沖縄県のパインを主役にした「Fruits Soup パイン」(パイン・りんご・きゅうり)の2種。パウチのまま冷やして、旅先や忙しい時の朝食に栄養補給として、またグラスに移して仕事や運動の合間のリフレッシュにもぴったり。一番美味しい旬の時期に加工したフルーツを、一年中手軽に食べられる、新感覚のスイーツスープだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。