体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

科学トークを盛り上げるアインシュタインそっくりのロボットが登場

香港のロボットメーカー、ハンソン・ロボティクスより、外見がアインシュタインと瓜二つなコミュニケーションロボット、その名も「プロフェッサー・アインシュタイン」が登場した。

科学トークをしたり、軽いジョークでその場を和ませたりすることができるひょうきん者だ。

・アプリとの連動で会話可能

iOSまたはAndroid対応のアプリ「Stein-O-Matic」を起動させ、タブレット画面に向かって話しかけるだけでOK。アインシュタイン先生との会話が実現され得る。

例えば「相対性理論とは何ですか?」と尋ねると、首を振ったり、舌を出したりといったジェスチャーを巧みに使い、時には有名な名言を引用しつつ、科学の内容を分かりやすく解説してくれる。専門の物理学のみならず、生物学や地学の質問にも対応しており、マンツーマン指導も可能だ。

・ゲームや動画視聴にも対応

会話のほか、ゲームや動画視聴…と、用途は実に幅広い。フル充電の状態で最大3時間連続で稼働させることができるため、子供の遊び用のツールにはもってこいだ。

ちなみに、13歳以上であれば誰でも使用可能となっている。

「プロフェッサー・アインシュタイン」の販売は、現時点において米国およびカナダのみに限定される。販売価格は249ドル(約2万7390円)。

Professor Einstein

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。