体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

排卵誘発剤をセルフ注射する妻に驚き!うまくいかない不妊治療にすれ違いの日々 by shin

f:id:akasuguedi:20170724171649j:plain

前回、夫婦で不妊検査を受け、妻が多嚢胞性卵巣であることが分かりました。

今回は不妊治療について書かせて頂きます。 前回のエピソード:妻の検査は、僕より負担が大きい。頑張り屋の妻が無理しないよう、二人三脚で不妊治療をはじめよう。by shin

まず流れとしてタイミング法から始まります。

これで妊娠出来たら助かりますがそう簡単にはいきません。

基礎体温を測り排卵日を予測して子作りをするのですが妻は排卵障害であった為

病院で診てもらってもなかなか排卵日の予測が出来なかったのです。

f:id:akasuguedi:20170724171659j:plain

妻は排卵がしにくい体質だったので排卵誘発剤を使って排卵を起こすことになりました。

僕が驚いたのはその方法です。

薬の入った注射器を自分の手で直接お腹に注射するのです!

素人が自分で注射なんてしちゃっていいの!?すっごい痛そう!!

痛みに弱い僕には信じられない光景でした。妻は最初こそ戸惑っていたものの、

何回かこなすうちにすっかり慣れた手つきで出来るようになっていました。

女性はやはり強しです。

f:id:akasuguedi:20170724171708j:plain

タイミング法、排卵誘発剤を使ってみたもののやはり簡単には身ごもりません。

妻は焦っているようでした。僕も然りです。

不妊治療をしていると精神的なプレッシャーを感じてくるようになるのです。

今回はどうか?ダメだったらどうしよう・・・。次こそは・・。

やるべき事はやっているのにどうして出来ないの??

焦っても仕方のないことは分かっているのですがなかなか結果がついてこないことに

不安が募っていきました。

f:id:akasuguedi:20170724171719j:plain

この頃僕は夜勤の仕事をしていたので妻は夜、家に一人きりでした。

一人きりになると不妊の不安な思いがどんどん膨らんでいき心細く辛い時間を過ごしていた様です。

辛い時期に一緒にいることが出来ず僕は申し訳ない想いでした。

妻が精神的にかなり落ち込んでいるのが分かりました。

f:id:akasuguedi:20170724171728j:plain

夜勤の仕事で僕自身も体力的にかなり消耗していました。

夜型の生活には慣れずいつも倦怠感を感じており慢性的に疲労が溜まっていました。

常に眠たくて少しでも時間があれば寝たい、そんな状況で妊活するのが時には負担に

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。