体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏の富良野で食べたい、地元民がマジでオススメする変わり種テイクアウトグルメ

f:id:uralatokyo:20170619123905j:plain

今日は富良野です。でも、今回は『北の国から』もラベンダーもチーズもワインも牛乳も関係ないんです。今日のご紹介は「たい焼き」。といっても、ちょっと普通とは違う「たい焼き」なんです。

f:id:uralatokyo:20170619123037j:plain

お店の名前は「甘太郎」。場所はJR富良野駅から歩いて5分ほど。のれんに歴史を感じますね。創業は1953(昭和28)年というから、今年で64年目を迎える老舗です。

f:id:Meshi2_IB:20170727103615j:plain

▲撮影した時はまだ道路わきに雪が残っていました

すぐ隣にちょっと目を引くおもしろい看板がありました。

「へそ歓楽街」。

お店のすぐ隣には細い小路があって、居酒屋さんやスナックが建ち並んでいるんです。「へそ」は富良野市が北海道のど真ん中にあるということで、富良野市の象徴的な隠語。おみやげには「へそまんじゅう」がありますし、全国的に有名なお祭りに「へそ踊り」を大勢で踊る「へそ祭り」もありますね。

f:id:uralatokyo:20170619123225j:plain

実はココが富良野のナイトスポットなんです。東京でいうと「歌舞伎町」、札幌でいうと「ススキノ」みたいなものなんですが、小路の長さは100mもありません。でも、夜は結構賑わっています。夜の富良野を味わいたい方は、狙い目のスポットです。

f:id:uralatokyo:20170619123303j:plain

さて、ちょっと横道にそれましたが、今回ご紹介するのはこれ。そう、「たい焼き」です。でもこれ、中身がちょっと珍しいものなんです。

f:id:uralatokyo:20170619123333j:plain

それがこちら。なんと、ハムとマヨネーズなんです!

特注の四角いプレスハムはこの店のオリジナル。お店の人に言わせると「ちょっと昔によく食べた廉価版のハム」だそうです。今はほとんど流通していないので、お肉屋さんに特別にお願いして作ってもらっているのだそう。このハムをちょっと厚めに切ってその上にたっぷりマヨネーズを搾り、さらに上からハムでサンドします。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。