体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライオンから口臭ケア新ブランド誕生!『NONIOハミガキ』『NONIOマウスウォッシュ』を発売前に試してみた

あのライオン株式会社から8月23日、独自の技術を駆使した新たな口臭ケアブランド『NONIO(ノニオ)』が誕生。見るからに新世代の雰囲気が漂う『NONIOハミガキ』『NONIOマウスウォッシュ』だが、その実力は? 最近、子どもに「コーヒー飲んだ?」などと聞かれる機会が増え、リアルに口臭が気になっている記者が発売前に試してみた!

 

7割以上の人が悩んでいる……「菌」が原因の口臭を、科学のパワーで抑制!

歳を重ねるにつれて、徐々に気になり始める口臭。実際、2016年に実施した同社の調査で、20-30代男女の“身だしなみで気をつけていること・悩んでいること”第1位口臭があがるという結果に。さらに、72%もの人が自分の口臭ケアに不安を感じていることが判明した。

 

そんな口臭には、「生理的口臭」「病的口臭」の2種類が存在。「生理的口臭」は口腔内の不衛生や舌苔によって発生し、「病的口臭」は歯周病や虫歯など口腔内の疾患や全身疾患によって起こる。今回発売する『NONIOハミガキ』『NONIOマウスウォッシュ』(2017年8月23日発売)は、寝起きや空腹時などに誰でも起こりうる「生理的口臭」がターゲット。この口臭の主な原因は「菌」であり、つまり殺菌作用を強化すれば大幅に抑制できるはず、というのが『NONIO』の理論だ。

実は多くの人が悩んでいる口臭について、香りでごまかさずに“科学の力”で口臭を防ぐシステムを開発したという。

 

 

『NONIOハミガキ』

『NONIOハミガキ』(各130g・オープン価格)は、3つのアクションで効率的に口臭予防する歯磨き剤。

①洗浄成分「炭酸水素ナトリウム」「ポリリン酸ナトリウム」が、口臭の原因である“菌のかたまり”を分散。

②殺菌成分「LSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)」が口臭原因菌を殺菌、口臭発生を防止。

③「ブレスリフレッシュ成分(清涼感持続性香料)」配合で清涼感をキープ。

 

しかも、ステインと呼ばれる歯のくすみ・黄ばみを浮かせて落としやすくするイオンクレンジング成分「ポリリン酸ナトリウム」も配合。ホワイトニングにも効果があるというからありがたい。

 

そんな『NONIOハミガキ』は、すべてに天然ミントを配合した<クリアハーブミント香味><ピュアリーミント香味><スプラッシュシトラスミント香味>の全3種。

 

今回は<クリアハーブミント香味>を試してみる。

さっそく歯ブラシの上に絞ってみると、目に見える粒などはなくクリーミー。検証のために、ほんの少し指の上に乗せてこすり合わせてみたが、本当に細かなざらつきを感じる程度だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。