体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋の夜長にふさわしい薫りとコクの「麦とホップ」登場

秋といえば食欲の秋。そんな食が美味しい季節、お酒をたしなむ人はお酒もすすむ嬉しい季節。

そんなお酒好きの人に朗報!毎晩でも食事と一緒に楽しみたくなるアルコールが、サッポロビールから数量限定で登場。

新ジャンル「サッポロ 麦とホップ 秋の薫り麦」は、弱火でじっくり丁寧にローストした焙煎麦芽による、麦の香ばしい薫りと豊かなコクが特長の、秋にふさわしい味わい。パッケージは、秋の夜長を思わせる深い紫色を基調とすることで本格感や品質感を表現。また、紅葉に加え、ススキや満月を缶体に表現することで秋の情景を感じるデザインとなっており、視覚でも季節感を楽しめる。

「サッポロ 麦とホップ 秋の薫り麦」350ml缶・500ml缶の2種はそれぞれオープン価格。8月17日(木)より数量限定で販売。素材にひと手間かけた「麦とホップ 秋の薫り麦」、ファンだけでなく手土産としてもぴったりな一杯。ひとりでじっくり、みんなでワイワイ、秋の夜長のひと時にお楽しみあれ!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。