体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元・廃墟マニアが教える、廃墟の「新しい遺し方」

元・廃墟マニアが教える、廃墟の「新しい遺し方」

現在、クラウドファンディングサイト「Readyfor」で行われている『摩耶観光ホテル保存プロジェクト』が話題だ。

戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」、通称マヤカン。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くのファンを持つ建築だ。この歴史的建造物を近代化遺産として、安全に、そしてあるべき姿で保存し、有形文化財の登録を目指すのがこのプロジェクトの趣旨だ。

プロジェクトはすでに、第一目標金額の500万円を達成。現在はネクストゴールの1,000万円達成に向けて奮闘している。 

今回はこのプロジェクトをリードするNPO法人 J-heritage の総理事、前畑洋平さんにお話をうかがった。産業遺産コーディネーターとして全国を飛び回る前畑さんは、マヤカンという近代化遺産に何を見出したのか。特別に内部を案内してもらいながら、元廃墟マニアとしてのマヤカン愛も存分に語ってもらった。

「廃墟の女王」の中へ…

前畑 気をつけてくださいね、足首を切る人が結構多いんで。あと窓ガラスに残っているガラス破片で頭を切っちゃったりもするから。

ヘルメットを被り、細心の注意を払いながら進む。

まず辿りついたのは、摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォークでも見た余興場(※ガイドウォーク当日の状況により、見学できない場合あり。いずれの場合も、ガイドウォークでは内部には入れない)。元・廃墟マニアが教える、廃墟の「新しい遺し方」 前畑 ステージ奥の壁は、昔は落書きがあったんです。でも、映画『デスノート Light up the NEW world』(2016)の撮影があったときに、スタッフのクルーが頑張って塗装エイジングしてくれて。いい感じになってます。元・廃墟マニアが教える、廃墟の「新しい遺し方」

前畑 今は西日が差して、いいタイミングですね。なかなかこの時間帯に写真を撮れることはないですよ。元・廃墟マニアが教える、廃墟の「新しい遺し方」

「得体の知れへん廃墟マニアが、
 マヤカンをめっちゃ愛してた。
 所有者は驚いたみたいです(笑)」

——内部の案内もしていただきながら、プロジェクトについてもお訊きしたいと思います。そもそも、『摩耶観光ホテル保存プロジェクト』を始めたきっかけは何だったんですか。

前畑 もともと僕は廃墟マニアで。摩耶観光ホテル(以降「マヤカン」)も好きだったので、実は勝手に入ったこともあって……。

——勝手に入ってたんですね(笑)。

前畑 うん、入ってましたね(笑)。所有者の方には、ちゃんと謝りました。

——「大好きなマヤカンを守りたい」と?

前畑 所有者の方が「壊したい」って言ってるっていう噂はずっと聞いてて。僕、NHKの『新日本風土記』(2015年1月30日放送回『廃墟』)で制作のお手伝いをさせてもらったんですね。その時、プロデューサーに「何個かストーリーを出してくれ」と。そのなかにマヤカンを入れたんです。「ここはなんとかしたいと思ってる場所やから、壊さずに活用できひんか」って。

1 2 3 4 5次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。