体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NO MORE MUSIC Issue : Cold Summer feat. SHO OKAMOTO & REIJI OKAMOTO

NeoL_NO MORE MUSIC_COLD SUMMER_Photography : Takuya Nagata | Styling : Masako Ogura | Hair&Make Up : Katsuyoshi Kojima | Edit : Ryoko Kuwahara | Model : Leo

OKAMOTO’Sのニューアルバム『NO MORE MUSIC』発売を祝して、NeoLでは収録曲10タイトルにインスパイアされた10記事とイメージヴィジュアルを1ヶ月にわたって随時掲載していく。第5回目は“Cold Summer”をテーマに、オカモトショウとオカモトレイジが時代性について考察する。

——“Cold Summer”のトラックにはレイジくんが大きく関わっているのかなと思ったのですが、いかがですか。

レイジ「実はそんなこともなく、ショウのデモからほぼ変わっていません」

ショウ「今回のアルバム制作では、ハマもレイジもそれぞれのタイミングで『こういう曲がいいと思う』というアイデアやたくさんの参考音源を俺とコウキに送ってきてくれていました。その中でもヒップホップよりの曲を聴いて書いているので、レイジの初期アイデアは自ずと入っていて。曲にするにあたり、メロディや急にロックのようになるアレンジは俺が考えて、レイジがそれを組み替えていってアウトロも考えてくれました。レイジは曲の構成と全体のプロデュースした感じです」

レイジ「主に曲の構成と立ち位置を考えました。ただのイロモノにならないように、ライヴの最後や中盤で一度盛り上がれるアンセム感をもっと引き出そうと思って長いアウトロを付けたり。あと、きちんとヒップホップの曲として作りたかったので作り方にはこだわりました。バンドがヒップホップをやっているのではなく、ヒップホップとしてきちんと成立していて、途中でロックバンドのテイストになるという100対100の構成でやりたかったので、ドラムも一応叩いているけど、自分で叩いた音をサンプラーに入れて、自分の機材で打ったり。なので、実は家で作った音がたくさん入っています。ピアノも俺が家で弾いたやつだし」

——トラックも新しかったし、歌詞もショウくんの幼少期の話で、こんなに赤裸々に書いたのは初めてなんじゃないですか。

ショウ「NYで歌詞を書いていたのですが、セントラルパークでセントラルパークのことを書いたりしていました。小さい頃に本当に一番近くにあった公園で一番色々な思い出があるので、NYで書けてよかったと思います。その頃、父親に酒の問題があって、よくケンカをしていて。誰に聞かせたいわけでもないけど、その話をしてみようというのが“BROTHER”くらいからの自分のテーマになっています。できあがってみたら、レイジがNASだって(笑)」

レイジ「NASというか、イーストサイドのヒップホップになっていて。ジャパニーズ・ヒップホップじゃないなと」

ショウ「英語で考えて英語で歌ってるからね」

レイジ「歌詞の乗り方が完璧にNYのヒップホップだった。すげえいいなと思いました」

ショウ「音は結構めちゃくちゃなんですよ。口笛がメインリフになっているし、バンドの演奏はいままでで一番つまらないかもしれない」

レイジ「ハマくんもずっと『ブッブッブッ』しか弾いてないし」

ショウ「完成したら気に入ってくれたけど、最初の段階では、コウキとハマくんはあまりこの曲に乗り気じゃなかったんです。何と言っても、OKAMOTO’Sはプレイヤー集団でもあるので、その目線では気に入らないのもよくわかる。逆にプレイヤーではない俺や、サンプリングされて作られている音楽も好きなレイジの目線を加えることで、これまでやれていなかった領域へ広がっていきたいと思って。レイジは、この曲のように俺がバンドのフォーマットを半ば無視して作るような曲を面白がってくれるんです。俺はそこでモチベーションが上がって、レイジをもっと喜ばせられるだろうなと思って曲を作るときがある。バンドをぶっ壊してやりたいというか、既存のものをぶっ壊したい。そういう気持ちで書いた曲が“Cold Summer”でもある。
でも俺はデモを書いた後はあまり責任が持てなくて、OKAMOTO’Sは民主主義性でみんなが曲を採択していくので、その採択に任せてしまう。自分がよっぽど気に入っている曲はこれと言うけど、この曲に関してはレイジが『絶対にやったほうがいい』と言って俺の代わりに責任を引き受けて死守してくれた。歌詞も曲ができあがった後に書いたものですが、赤裸裸に書けたし、すごく思い入れのある大事な楽曲になりました」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。