体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「成長できない」と嘆く人に、見直してほしい“2つのこと”

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第27回目は「お金と時間を『消費』『浪費』『投資』に棚卸しして、使い方を賢く見直す方法」についてです。

f:id:fujimine:20170816104051j:plain

「自分を変えたい・・・」

「人生を変えたい・・・」

誰でも一度や二度、こんな風に考えた経験があるのではないでしょうか。

自分と人生を変えたいと思うなら、今すぐに出来ることがあります。

それは、「お金」と「時間」の「棚卸し」をして、使い方を見直すことです。

では、どんな使い方をすれば、人生を変えられるのかを考えていきましょう。

1. お金の使い方

お金の使い方は、「消費」「浪費」「投資」の3つに分けられます。

(1)消費

消費とは、生活する上で必要なものにお金を使うことです。よく巷で言われる節約術というのは、「この部分を削りましょう」です。ここを減らしすぎると、精神的に行き詰まることがあります。

・住居費

・食費

・衣料費

・光熱費

・交通費

など

(2)浪費

浪費とは、いわゆる“無駄使い”のことです。

・なんとなくコンビニに寄って、飲むつもりもなかったに買ってしまった飲み物やお菓子の購入費

・情緒不安定なときに買ってしまい、一度しか着なかった洋服の購入費

・時間つぶしのためのゲームの課金

・身分不相応な車の購入費

・愚痴しか出ない、おなじみの同僚との飲み代

などなど

(3)投資

投資とは、将来的に見返りが得られる可能性があるものにお金を使うことです。投資というと、株や投資信託、不動産投資などを思い浮かべる人が多いでしょう。それも大切ですが、ここでいう投資とは、自分のスキルや能力を高めるための『自己投資』です。

・専門書や自己啓発書などのビジネス書籍代

・セミナーの受講費

・刺激を与えてくれる人、自分より先を進んでいる人との会食費

・自分のブランドイメージを高めてくれるような洋服代

・行ったことのない土地への旅行費用

など

これら3つの何にどのくらいお金が使われているのか、一度、棚卸しをしてみてください。全体をみることで、自分自身のお金の使い方がみえてきます。

今までの投資が現在のあなたの姿

実際に棚卸しをしてみて、「消費」「浪費」「投資」の何にお金が使われていましたか?現在、望んでいる人生を過ごせていないなら、今までに投資が足りなかったか、適切ではなかったということになります。

皮膚、髪の毛、爪など、あなたの身体は、今まで食べたり飲んだりしたものから出来ています。今まで口に入れたものが、今のあなたを作ってきたわけです。

人生もそれと同じです。

今まであなたの潜在意識に入れてきたことが、あなたの考え方をつくり、信念をつくり、思い込みを作り、あなたの現在の人生をつくっているのです。

今あなたは、自分に投資をしていますか?

消費と浪費にのみお金を使っていませんか?

収入を消費と浪費に使っているだけでは、人生は変わりません。

人生を変えたいなら、投資にお金を使うことが必要です。

自己投資とは、文字通り自分に投資することです。

自己投資の方法はいろいろあります。

見た目にお金を使うのも自己投資の一つですし、自分自身を高めることも投資の一つです。

例えば、友人と食事をするためにお金を使うことは、一見、消費と浪費にみえますが、そこで愚痴を言いあうことで気持ちの切り替えができたり、何気ない会話からインスピレーションがわいたなら、その食事代は、十分実りある自己投資なのです。

あのときの投資がなければ今の自分はない

f:id:fujimine:20170814165134j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。