体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボリューム満点!メカブと玉子で食べる海鮮丼!

8月14日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、海から0分のウマい店を特集したコーナーで、「堂ヶ島食堂」(静岡県賀茂郡西伊豆町)が紹介された。

海を愛でながら駿河湾の美味しい海の幸が味わえると、多くの観光客が訪れるこちらのお店。
「GEO(地魚)刺身定食」(2268円/税込み)は、メニュー表ではその日の魚の6点盛りとの表記だが、インタビューを受けた一般男性客に実際に提供されていたお刺身は7点。さらにしらすがついて8点盛りになっていた。その内容はタコ・イカ・イサキ・カンパチ・キンメダイ・炙りキンメ・マグロ・生シラス。実はこれは喜んで貰うための店側の定番のサービスなのだとか。さらに、こちらのお店では手作りのトコロテンが無料で食べ放題になっており、酢醤油か黒蜜かを選ぶこともできるようになっている。

地元の漁師が朝釣ったものをすぐに舟の上で干した「仁科のイカ!船上沖干し定食」(1825円/税込み)」にはファンも多い。一口食べたやない由紀さんは「うん!おーっ!いい歯ごたえ!このイカの旨味と磯の香りがもう口いっぱいに広がります」とコメントした。

数あるメニューの中で女性に人気だというのが「俺の!ぶっかけ丼」(1825円/税込み)。こちらは日によって多少変わるマグロ・カンパチ・キンメダイ・イサキ・タコ・イカ・ウニなどの7種の魚介にメカブと玉子の白身、ネギ・ミョウガ・大葉を絡ませたものをご飯に載せていただく一品だ。店主特製の出汁醤油をかけたご飯に具材をかけ、仕上げに玉子の黄身を載せて完成。特製出汁醤油は醤油・酒・みりん・砂糖・昆布・カツオ節などを煮込んで作っているという。

「俺の!ぶっかけ丼」を提供されたやない由紀さんは「おー!また豪快ですね!すーごいですね!結構ご飯もいっぱい入ってますね」と興味津々。一口食べて「うん!う~ん!メカブと玉子のトロトロ感が夏にはもうバッチリですね!いろんな魚介の食感や味わいを楽しめるのも贅沢ですよね!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:漁師カフェ 堂ヶ島食堂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:西伊豆・南伊豆のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:西伊豆・南伊豆×和食のお店一覧
温泉の街、和室で食べるご当地バーガー
塩でひと味プラス!?上品な栗の道後ロール

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。