体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

変わり種巻き寿司も食べられるオシャレなスシバー!

8月16日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、決められた銀座の区域内にある名店を食べ歩くコーナーで、「SHARI・THE・TOKYO・SUSHI・BAR(シャリザトウキョウスシバー)」(東京都中央区)が紹介された。

巻き寿司をメインに提供しているこちらのお店では、アボカドで巻いた「カリフォルニアロール」(1貫200円/通常は2貫から注文)や、甘えびを巻いた「スイートシュリンプロール」(1貫250円/通常は2貫から注文)など、変わり種のお寿司も楽しむ事が出来る。

今回いただいたのは、帆立・キュウリ・玉子をマンゴーで包んだ「帆立マンゴーロール」(1貫200円/通常は2貫から注文)、とびこ・ショウガ・チキンなどを漬物の葉で包み、キヌアや大麦などを載せた「キヌアと高菜のジンジャーチキンロール寿司」(2貫500円)、そしてメロンと酢飯を生ハムで巻いた「生ハムとメロン、ハーブのイタリアンロール寿司」(2貫400円)の3種類。
その内、「キヌアと高菜のジンジャーチキンロール寿司」と「生ハムとメロン、ハーブのイタリアンロール寿司」のふたつは、9月17日までの限定メニューの試作品だという。今回はお店のご厚意で特別にいただいた。

「帆立マンゴーロール」を一口で食べた近藤春菜さんは、目を丸くして何度も「ええ~っ!?」と叫んだ後、「合う!マンゴーの良い酸味が、帆立の甘みをすごく引き出す。酢飯にもすごいマッチしますね!」とコメント。

「キヌアと高菜のジンジャーチキンロール寿司」を食べた水卜麻美さんは何度も頷きながら身体を揺らし「うん!おいしい!こんな感じです!とびこもそうですし、キヌアもそうですし周りのお漬け物のシャキシャキもあって、食感が楽しいです!合います!」と嬉しそうだ。

「生ハムとメロン、ハーブのイタリアンロール寿司」を食べた箕輪はるかさんはじっくりと味わった後で、「おいしい!合う!」と目を輝かせた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Shari The Tokyo Sushi Bar (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×和食のお店一覧
温泉の街、和室で食べるご当地バーガー
塩でひと味プラス!?上品な栗の道後ロール

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。