ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

セルフで作れる!新鮮な魚介の炭火焼き

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

8月13日放送の「路線バスで寄り道の旅」(テレビ朝日系、午後15時20分~)では、川崎~木更津~袖ケ浦を路線バスで旅した中で、「海鮮茶屋・活き活き亭」(千葉県木更津市)が紹介された。

客自身が生け簀から好きな食材を選んでセルフで焼くシステムのあるこちらのお店では、観光バスなどを利用した遠方からの来客も多い。名物は炭火で焼いて食べる浜焼きだ。木更津港にあがったばかりの新鮮な魚介を中心に50種類以上を楽しめるという。

今回は浜焼きでいただく「活あじ」(450円)、「活き車海老」(1尾400円)、「蛤」(1盛り1200円)と、「穴子天重」(1300円)と「活き活き海鮮丼」(1500円)を注文した。
「穴子天重」は穴子を一匹丸々天ぷらにした豪快な一品。天ぷらが重箱からハミ出すほどの大きさだ。
アジなどの地魚を中心に9点の魚介がてんこもりの「海鮮丼」はこちらの一番人気なのだとか。

浜焼きが焼き上がるまで乾杯して待つ間、田中律子さんと滝沢沙織さんは網に載せるまでまだ動いていたアジやはまぐりの口が開いた様子に盛り上がった。
「活き車海老」を一口頬張った滝沢沙織さんは「新鮮なものはいいですね、甘みがあって」とコメント。

運ばれてきた「穴子天重」の大きさに「写真以上ですよ!」と驚く3人。
「穴子天重」に齧りついた徳光和夫さんは「おいしい、穴子」と呟いた。「あれはさすがに食いしん坊の量ですよね」とふたりに言われ「ご飯食べる前に(天ぷらで)お腹いっぱいになっちゃうね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:活き活き亭 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:木更津のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:木更津×和食のお店一覧
温泉の街、和室で食べるご当地バーガー
塩でひと味プラス!?上品な栗の道後ロール

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。