体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひんやり×熱々の二段構え!味変の楽しめるチーズフォンデュ

8月16日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、決められた銀座の区域内にある名店を食べ歩くコーナーで、「SAIKA・銀座店」(東京都中央区)が紹介された。

こちらは、39種類のチーズと20種類の味噌を揃える創作発酵料理の専門店。
「クリームチーズの西京味噌漬け」(550円)や、「麦味噌ボロネーゼのピッツァビスマルク」(1200円)などが人気のこちらで今回いただくのは、「4種のチーズと西京味噌のチーズフォンデュ」だ。
「4種のチーズと西京味噌のチーズフォンデュ」は冷たいソースと温かいソースの2層に分かれているチーズソースを使用する。下の層の熱々チーズにはラクレットなどの4種類のチーズに隠し味の味噌を加えたものを、上の層のひんやりチーズにはホイップ状のふわふわでほんのり甘いナチュラルチーズを使用。時間が経つとチーズが混ざり合い、味の変化も楽しめるのだという。

提供された「4種のチーズと西京味噌のチーズフォンデュ」に歓声をあげる3人。
冷たい上の層を一口食べた箕輪はるかさんは「うん、冷たい!でもでも、冷製スープ!」とコメント、水卜麻美さんも「んー!なんかソースがふわふわしてますね!口溶けがい~い感じです!」と目を丸くした。
熱々の下層を食べた近藤春菜さんは「あっ!本当だ!味わいが違う!コクがね、また違う!さっきのちょっとデザート感覚だったけど、癖のあるチーズの部分が出てきて、味わい深いですね」と頷き、混ざり合ったチーズを生ハムに絡めて一口食べた水卜麻美さんは、「ンー!本当だ!おいしいですね。違います。味変わりました!本当、より深く、濃く……」と不思議そうにコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:SAIKA ~味噌とチーズのお店~ 銀座有楽町店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×居酒屋のお店一覧
温泉の街、和室で食べるご当地バーガー
塩でひと味プラス!?上品な栗の道後ロール

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。