体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100均のおもちゃギターをエレキ化して爆音改造

100均のおもちゃギターをエレキ化して爆音改造

100均のダイソーのおもちゃギターは、ウクレレ風の4弦仕様で音が出てチューニングも可能。これをエレキ化して、さらにエフェクトでリバーブがかかるようにしてみましょう。おもちゃギターの元の音はチープですが、エレキ化してエフェクト効果を得て出力すると、人を不安にさせるヤバめな音が出力できます。

おもちゃギターに圧電スピーカー

材料はダイソーのおもちゃギターとエコーマイク、6.3mmステレオジャック×2、フォンコネクタ×1、圧電スピーカー24/35mm×各1、それにセリアのスピーカー、アンプキット×1。他にケーブル、電池ボックス、アンプ収納ケースを使用します。

手順は圧電スピーカーをおもちゃギターに貼り、アンプとセリアのスピーカーを接続。そして、スピーカーにエコーマイクのバネを付け、エフェクトをかけます。その音を圧電素子で拾い外部スピーカーに出力すれば、ミニエレキギターの完成です。

まずはフォンコネクタと圧電スピーカーをケーブルで適当な長さにして、ハンダで接続。次に、ギター表面の音が響く箇所に24mm径の圧電スピーカーを貼り、ピックアップにします。カバーを除去してスピーカーをむき出しにするのがコツです。

おもちゃギターでエフェクト音

おもちゃギターの圧電スピーカーが拾った音をアンプで増幅、さらにスピーカーにつないで音が出るようにします。この手順でギターのエレキ化は完成。さらに、ダイソーのエコーマイクのバネを使ってエフェクト効果機能を追加しましょう。

エコーマイクは、中に入っているバネを音が通ると振動して音が震える仕組み。それを利用してリバーブ音を作ります。スピーカーにつないだバネを、35mmの圧電スピーカーと接続。そして、圧電スピーカーからの音が、スピーカーなどで出力できるようにステレオジャックを取り付けます。

スピーカー、アンプ、電池ボックスをケースに納めてステレオジャックのINとOUTをケースに外付けして完成。おもちゃギターを鳴らすと、出力用の外部スピーカーからエフェクトのかかったギター音が再生されます。

関連記事リンク(外部サイト)

エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。