体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『8月17日はなんの日?』ロック界が生んだ80’S歌姫、ベリンダ・カーライルの誕生日

『8月17日はなんの日?』ロック界が生んだ80’S歌姫、ベリンダ・カーライルの誕生日

 8月17日は80年代にバンド、ソロとして成功を収めた女性シンガー、ベリンダ・カーライルの59歳の誕生日。

 ベリンダ・カーライルは1958年8月17日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。1978年にガールズ・ロック・バンド、ゴーゴーズを結成。デビュー・アルバム『ビューティー・アンド・ザ・ビート』(1981年)が女性だけのバンドとしては史上初となる全米ビルボードNo.1を獲得し大ブレイク。その後、ゴーゴーズは2枚のアルバムを制作し、いずれもヒットを記録するが、1985年に解散。カーライルはソロ・シンガーへと転向し、1987年に全米No.1ヒット「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」を放つ。同曲は日本でも頻繁にTVなどで使用され、80年代ポップスを代表する一曲として現在も親しまれている。その後もコンスタントにリリースやライブ活動を継続し、ソロ・アーティストとしての地位を確立。日本やヨーロッパでの人気も高く、変わらない美貌と歌声で多くのファンを魅了し続けている。また、90年代以降はゴーゴーズもたびたび再結成を果たし、2001年には新作もリリースしているが、バンドは昨年夏にフェアウェル・ツアーをおこないその活動に区切りをつけている。

関連記事リンク(外部サイト)

リュクスでキュート、そしてヴィヴィッドなステージを堪能させてくれるベリンダ・カーライル。女性として理想的に成熟したショウを満喫する早春の宴
スラッシュ、ギブソン社初のグローバル・ブランド・アンバサダーに任命
ドレイク、米ソング・チャート連続チャートイン記録が431週でストップ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。