体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動画配信サービス比較ではAmazonがコスパ最強

動画配信サービス比較ではAmazonがコスパ最強

定額で見放題の格安動画配信サービスがひと通りで揃いました。NetflixやHuluといった海外発のサービスが席巻する中、国内からも専門特化型が登場しています。そこで、お金を払うならどれが正解か動画配信サービスを比較。その結果、Amazonプライム・ビデオのコスパが最強という結果になりました。

動画配信サービスの作品本数比較

有料動画配信サービスは、それぞれ作品数・画質・得意ジャンルなどに差があり、それらを考慮すると中にはかなり割高になってしまうケースもあります。動画配信サービスは慎重に比較しなければなりません。

例えば、作品数でいうと動画配信サービスでは「楽天SHOWTIME」が約15万本です。ただし、これはサイト全体の作品数なので加入するパック次第で変わります。約2,000円の見放題パックでは4万本程度です。

また、作品の入れ替わりや仕様の変更も要チェック。「Hulu」は2017年5月の大きな改変が話題となりました。アナログ出力のテレビ・モニター・ゲーム機での視聴ができなくなってしまったのです。

動画配信サービスのポイント比較

各動画配信サービスで同じ作品をPCで再生し、画質を比較しました。配信画質がHDとフルHDの場合があるので一概には言えませんが、かなりの差があります。Amazon「プライム・ビデオ」が最も解像感が高く鮮明でした。最下位はNetflixです。

動画配信サービスのポイントを比較すると、楽天グループの「楽天SHOWTIME」が圧倒的に有利でしょう。楽天ポイントで見られるので、アンケート回答やゲームなどでポイントを貯めて動画購入に充てられます。

こうして、動画配信サービスを総合的に比較すると、流行の作品をひと通りカバーし、オリジナル作品も充実してきたAmazonプライム・ビデオのお得度はやはり一枚上手でしょう。(文/すたみな花子)

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会