体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・クルーズ、映画『Mission: Impossible 6(原題)』撮影中に負傷


映画『Mission: Impossible 6(原題)』のスタント撮影中に、トム・クルーズが壁にぶつかって負傷したようだ。8月13日の朝(現地時間)、TMZは、クルーズが建物と建物の間を飛び越える映像を公開した。ジャンプに失敗したクルーズは建物にぶつかった後に自力で這い上がり、その後足を引きずっているように見える。

現在クルーズは、6作目となる映画『ミッション・インポッシブル』シリーズをロンドンで撮影中だ。

映像では、滑車装置を付けたクルーズが、ジャンプが足らずに足を引きずっている様子が見える。建物にぶつかった後、クルーズは自力で這い上がり走ろうとするがよろめいている。その後、撮影班は滑車装置でクルーズを最初の足場に戻し、カメラの映らない場所へ向かうのを手伝っている。怪我がどの程度のものなのかは、現時点では明らかにされていない。

クルーズの代理人は、本紙ヴァラエティのコメント要請に対し即座に返答はしなかった。

『Mission: Impossible 6(原題)』は、クルーズの他に、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムス、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、アンジェラ・バセット、アレック・ボールドウィンが出演する。J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク、クルーズ、デヴィッド・エリソン、デイナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャーがプロデュースを手掛ける。

クルーズは、スタントを行うために苦労を厭わないことで知られている。最近公開されたリブート版映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では、飛行機の故障シーンをゼロ重力で64回も撮影した。

『Mission: Impossible 6(原題)』は、2018年7月27日に米劇場公開する。

TMZが公開したビデオ映像はこちら

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。