体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DAOKOが「夜明けに聞きたい曲」

DAOKOが「夜明けに聞きたい曲」
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。8月15日(火)のオンエアでは、DAOKOとのコンビでお送りしました!

ここでは火曜恒例コーナー「DAOKOのなんじゃこりゃー!」をピックアップしてご紹介します。星の数ほどある世界中の音楽の中から、毎回、ひとつのお題に対してDAOKOが曲をセレクトするこのコーナー。この日のオンエアでは、リスナーから「聴くと空気が澄み渡っていくような曲」というリクエストが届きました。人によっていろんな捉え方があるテーマですが、DAOKOのイメージは“夜明け”だそう。

「私は、夜明けが一番、空気が澄むなって感じがするんですよね。月と太陽がバトンタッチするその瞬間というか、グラデーションがすごい美しくて」とDAOKO。いつも寝るのが遅いので、夜明けを見ることも多いそう。

そんな夜明けにぴったりのナンバーとしてセレクトしてくれたのは、なのるなもない feat. taoの「まちぼうけ」。DAOKOいわく「ポエトリーラップの扉を開くと必ず現れる『降神』っていう2人組のラップグループがいて、その1人のソロ名義が『なのるなもない』で、彼のアルバム『メルヘントリップス』の中で一番好きな曲」とのこと。

そして、ポエトリーラップの良さはその歌詞だというDAOKO。「詩なんですよね。詩人なんですよ、だから詩にも耳を傾けて…そしてメロディも全部。だから私はポエトリーが大好きです!」と語りました。空気が澄み渡った夜明けに、心も澄んでいくような気持ちになれるナンバーです。ぜひチェックしてみてください!

そしてこの日は、DAOKO自身の情報も盛りだくさんでした。8月10日(木)、ついにDAOKOが書いた小説「ワンルーム・シーサイド・ステップ」が発売されました。「実物が届いたときの感動は忘れられません!」と装丁もかなり気に入っているそう。

「私が写真を撮ったりとか、イラストを描いたりとか…自分の好きだと思う、美しいと思う言葉も写真もイラストも全部詰め込まれた、宝箱のような1冊になってます!」とDAOKO。

藤田も「ディテールの文章力、表現力がすごい!」と大絶賛。リアルな生活描写にかなり共感したようです。「けっこう生々しく、今回、匂いとか色味とかをイメージしながら書きました」とのことなので、ぜひぜひその表現力を味わってください!

そして8月16日(水)にDAOKOの3rdシングル「打ち上げ花火」がリリースされました。こちらは18日(金)から先行公開となる映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌で、オンエアではこの曲への思い入れ、コラボした米津玄師さんとの仕事について、思いの丈を語りました。ミュージックビデオもすでに公開されていますが、ぜひスクリーンで映画のシーンと共に体感してみてください!

■今回のオンエア曲
夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」
UNISON SQUARE GARDEN「10% roll, 10% romance」
高橋優「虹」
LANY「The Breakup」
amazarashi「空に歌えば」
The Script「Rain」
The Offspring「Hit That」
黒木渚「解放区への旅」
なのるなもない feat. tao「まちぼうけ」
DAOKO × 米津玄師「打上花火」
UQiYO「ROYGBIV」
雨のパレード「Shoes」
コレサワ「たばこ」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。