体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイブリッドな「活版印刷」ってなに?

ハイブリッドな「活版印刷」ってなに?

活版印刷というと、なんだか「昔の技術」という印象がありませんか?実は、伝統的な活版印刷技術も進化を遂げているんです。

アメリカでは2000年代前半からレタープレス(活版印刷)スタジオが数多く設立されて、グラフィカルなデザインのグリーティングカードや名刺が販売され、活版印刷が再び見直されています。

そして東京・あきる野市にも、そんな活版印刷のスタジオがあります。2011年に市倉郁倫さんと淑子さんご夫婦が立ち上げた、名刺やポストカードをデザインから印刷まで一貫して手がける活版印刷ブランド「Bird Design Letterpress」です。ハイブリッドな「活版印刷」ってなに?

Madu & Bird Design Letterpressの2017年レタープレスカレンダー(写真提供:Bird Design)。

500年前からある
活版印刷

そもそも「活版印刷」は、15世紀にヨハネス・グーテンベルグが発明した印刷技術(世界史の授業で「ルネサンス時代の三大発明のひとつ」って習いましたよね)。

これが、文字が彫られているハンコ状の金属(活字)です。Bird Design Letterpressでは「正楷書体」という書体の鉛活字を使用しています。ハイブリッドな「活版印刷」ってなに? その活字を組み合わせて文章にした板(組版)を作り、その組版にインクを塗って印刷します。ハイブリッドな「活版印刷」ってなに?

英語であればアルファベットの活字だけで事足りますが、日本語の場合は平仮名と漢字両方の活字を揃えなければなりません。

漢字の活字は、いろは順ではなく、このように部首ごとに分類されています。ハイブリッドな「活版印刷」ってなに? 活字と共に受け継がれてきたノートには、どの漢字がどの部首に分類されているかが書かれています。ハイブリッドな「活版印刷」ってなに?

ちなみに、普段私たちが目にする書籍やチラシなどの印刷物の大半は「オフセット印刷」。パソコンのデータを忠実に再現できるため、カラフルな印刷や写真の印刷にも適しており、この技術によって大量印刷が可能になりました。

このオフセット印刷や家庭用のインクジェットプリンタが普及したことで、一色ずつしか印刷できず手間も時間もかかる活版印刷の需要は、次第に少なくなっていきました。

では最近になって、なぜ再び活版印刷が注目を集めているのでしょう?

ハイブリッドな活版印刷
「樹脂凸版」とは

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。