体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

涼しい水辺絶景へ!夏旅行にオススメの川・海・湖5選【東海】

あづり浜

うだるような暑さが続く毎日。

夏の旅行はこの温度が行く気を萎えさせますよね。

そんな人にオススメなのが、海や川の水辺絶景!

自然に生まれた美しい水の色は見ているだけでも涼しげです。

そこで今回は東海地方の水辺の自然絶景をご紹介します!

自然のパワーをいっぱいもらって暑さを吹き飛ばしてください!

記事配信:じゃらんニュース

1. 阿寺渓谷【長野県大桑村】

川底までくっきり!青く輝く自然の神秘。

阿寺渓谷

赤彦吊り橋は「島木赤彦歌碑」の駐車場からすぐの上流にある

北に御嶽山、東に中央アルプスがそびえる山間の地・大桑村にある阿寺渓谷。

全長15㎞にわたって木曽川の支流・阿寺川が早瀬や淵をなして流れます。

その清流は限りなく透明に近く、“阿寺ブルー”と呼ばれるほど。

渓谷の中間点にある島木赤彦歌碑~ウナリ島の区間は、2つの吊り橋を渡した遊歩道が整備され、川と吊り橋が織りなす絶景が見られます。

近くには抜群の透明度を誇る「犬帰りの淵」や「六段の滝」といった見どころもあり、川沿いを散策しながら渓谷美を楽しみたいですね。

■ビューアドバイス

駐車場は島木赤彦歌碑前、阿寺渓谷駐車場、フォレスパ木曽あてら荘駐車場の3カ所。

体力のある人は阿寺渓谷駐車場に駐車して、赤彦吊り橋まで約1時間の渓谷ハイクを楽しみましょう。

■お出かけ前にチェック

渓谷内はトイレが少ないため、駐車場のトイレで済ませておきたいところ。

上流は渓谷入口に比べて平均4℃ほど気温が低いので上着の用意を忘れずに。 阿寺渓谷(あてらけいこく)

TEL/0264-55-4566(大桑村観光協会)

住所/木曽郡大桑村野尻阿寺国有林内

アクセス/中央道中津川ICより40分、東名名古屋ICより1時間50分

駐車場/30台

「阿寺渓谷」の詳細はこちら

2. あづり浜【三重県志摩市】

熊野灘へ沈む夕日をバックに火を吹く巨大な海獣現る!

あづり浜

あづり浜は志摩半島の先端にほど近い場所にある全長200mほどの白砂の海岸。

日中は海水浴場としてにぎわいますが、地元では県内随一の夕日スポットとして知られえいます。

特に夏場は湿度の関係で真っ赤な夕日が見られる可能性が高くおすすめ。

日没が迫り、空と海が夕日で茜色に染まる頃、海上沖に海獣のようなシルエットが浮かび上がります。

その正体は太平洋に浮かぶ「すずめ島」。

角度や時間帯によっては海獣の口に太陽が重なり、ガブリと食べているような瞬間に出合えることも。

■ビューアドバイス

8月の日没時間は18時30分~45分頃。太陽が沈むのはあっという間なので、早めに浜辺でスタンバイしましょう。

海獣のようなシルエットを撮影するなら、浜辺の中央がベスポジ。

■お出かけ前にチェック

白砂の浜辺なのでレジャーシートを持っていくと便利です。

前日や当日の午前中に雨が降った日は湿度が高く、よりキレイな赤い夕焼けが見られますよ。 あづり浜

TEL/0599-46-0570(志摩市観光協会)

住所/志摩市志摩町越賀

アクセス/伊勢道伊勢西ICより1時間5分、東名阪道名古屋西ICより2時間30分

駐車場/5台

「あづり浜」の詳細はこちら

3. 御射鹿池【長野県茅野市】

凛とした空気が辺りに漂う巨匠が描いた絵画の世界へ。

御射鹿池
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。