体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

足首が太い…女性を悩ます「象足」の原因と悪化させるNG習慣

足首が太い…女性を悩ます「象足」の原因と悪化させるNG習慣
女性の方の中で、足のむくみが酷くなり足首が太くなってしまった…という経験をされたことはないでしょうか?

 

ふくらはぎの太さとのメリハリがなくなってしまうような足首を、一部では「象足」と表現されるそうですが、女性なら引き締まった足首をキープしたいですよね。

 

今回は、象足の原因・悪化させるNG習慣・改善方法について、医師に詳しく解説をしていただきました。

 

 

 

 

象足とは 

象足

 

医学用語ではなく、広く認知された美容用語でもないようですが、むくみのために足首がふくれて象の足のようになった状態を指して象足と呼ぶ場合があるようです。

 

 

象足の原因

血液循環の模型

 

足に酸素や栄養を届けた血液は、心臓までの約1mの高さをさかのぼって心臓に到達する必要があります。

 

この流れが滞ると、ふくらはぎ〜足首~足の甲〜足の指に血液中の水分やリンパ液がたまり、むくみが生じます。指で押すと指の型が残ります。

 

血液の流れが滞る原因

・心臓が血液を巡らせる機能の低下
・腎臓の水分排出能力の低下
・甲状腺機能の低下
・足の静脈に血の固まりができている
・足の静脈にこぶ(静脈瘤)ができている
・足の筋肉の運動不足により体液を心臓に押し戻す機能の低下
・浮き指(テレビ番組などで、医師・柔道整復師が紹介)

 

むくみを放置することで、さらに上記疾患や症状が悪化することがあります。

 

象足は遺伝する?

遺伝傾向があるかについて医学的研究はなされていません。

 

 

象足と浮き指の関係 

浮き指

浮き指とは

本来立っている時に指先・指の付け根・かかとの3点で体を支えるべきところ、指先が浮いており、2点で不安定に体を支えることになり、かかとに重心が移っている状態のことです。正式な医学用語ではありません。

 

浮き指の診断基準

医師・柔道整復師によってさまざまですが、以下の場合に浮き指であるなどの定義が提唱されています。

 

・裸足で床に立った状態で指の下に紙が入る(本来は指先で床を踏みしめているため、紙は入らないはず)

・足の指を甲側に押したときに、90度以上折れ曲がる

 

浮き指が原因で生じる症状

・足の痛みやむくみ

・体の骨格全体にゆがみ

・様々な整形外科的疾患(腰痛、肩こりなど)

・自律神経に影響してうつ状態

・様々な不定愁訴

 

本当にこういった諸症状と浮き指の関係があるのか、浮き指を治療するとこれらの症状も改善するのかについては、個々の治療者の経験に基づいている状態で、医学的に広く一般に認められている状態ではありません.

 

しかし、医学的に理由が説明できない・有効な治療がない症状は多くあるため、浮き指が諸症状の原因であるという説について否定しきることもできません。

 

浮き指の改善法

・テーピングをする

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。