体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラフトビール五十三「注ぎ」の旅。いきなり最大の難所、箱根へ!

クラフトビール五十三「注ぎ」の旅。いきなり最大の難所、箱根へ!

53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅前回の記事はこちら)。

スタート地点となる「日本橋」は、1603年に徳川幕府によって架けられ、五街道の起点として定められた。橋のたもとには、日本国道路元標が今も残っている。

銀座、新橋を通り1時間半ほど歩くと、最初の宿場、品川宿に到着。かつての品川宿は、江戸を発つ人との別れを惜しんで見送りにきた人や、江戸へやってきた旅人を迎え入れる人で、大いに賑わっていたという。

横浜のディープなお店で
記念すべき1杯目

クラフトビール五十三「注ぎ」の旅。いきなり最大の難所、箱根へ!

現在の北品川駅の近くに、本陣跡がある。本陣というのは、大名や旗本が休憩したり泊まったりした宿のこと。各宿場に本陣はいくつかあり、多くの場合、その町の名家や商家が本陣として使われた。せっかく東海道を歩くのであれば、説明の書かれた石碑を見逃さないように歩きたい。

品川宿から9kmほど歩き、江戸から2番目の宿、川崎宿を通過。川崎は、京へ向かう人にとっては昼の休憩地点、江戸へ向かう人にとっては最後の宿泊地だった。

初日のゴール地点は、横浜と決めていた。その横浜までラスト5kmの地点で、ビール醸造家の友人、袴田大輔くん(現在は岩手県遠野市でブルワリーを造るプロジェクトに参画)が現れた。「一緒に横浜まで歩いて、おすすめのクラフトビール店に連れていきたい」と、応援に駆けつけてくれたのだ。クラフトビール五十三「注ぎ」の旅。いきなり最大の難所、箱根へ!

慣れない長距離の歩行に初日からかなり疲労していたが、友人と話しながら歩くと気持ちも和らいだ。この企画、ひとりでやるのは無謀だっただろうか。疲労や痛みだけではなく、孤独とも戦わなくてはいけない。

何はともあれ、日本橋から29kmを歩き、横浜に到着。旅の初日を乗り切った。足の指には早くも水ぶくれができていた。肩と腰も痛くて仕方ないが、もう後には引き返せない。

横浜で袴田くんに連れていってもらったのは、クラフトビールファンに愛されるディープなお店「THRASH ZONE」。小さなお店だが、ここでしか飲めないビールが多数あるという。クラフトビール五十三「注ぎ」の旅。いきなり最大の難所、箱根へ!

記念すべきこの旅1杯目のクラフトビールは、人気の「SPEED KILLS」。独特の苦味、そしてホップがとても効いている。うまい!歩いたあとのクラフトビールは最高だ。

しかし、疲れているため余計に酔いが回りやすい。毎晩ブログで日記を書くと決めていたのだが、飲み過ぎると後で大変になることを学んだ。意識が朦朧として書くどころではなかった。

東海道最大の難所
「箱根」を越える

クラフトビール五十三「注ぎ」の旅。いきなり最大の難所、箱根へ!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。