体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ちはやふる』の作者・末次由紀先生に聞く 高校生でマンガ家デビューする方法

高校2年のとき、マンガ家デビューした末次由紀先生。

 

競技かるたに青春をかける高校生を描いた代表作『ちはやふる』は、数々の賞を受賞し、テレビアニメや実写映画にもなるほどの大ヒット!

 

そんな末次先生は、一体どうやってマンガ家になったのか、聞いてみた。

 

【マンガを描き始めたきっかけ】ほめられるのがうれしくて絵ばっかり描いていた

 

【マンガ家を目指す第一歩】雑誌へ投稿して批評されることが励みに

 

【マンガ家デビューへの道】コンクールの受賞作品でマンガ雑誌にデビュー

 

【大学へ進学した理由】マンガ家になるためにマンガ以外の勉強をしようと思った

 

【代表作との出合い】リアルな高校の競技かるた部の世界が大ヒット!

 

【高校生へのアドバイス】たくさん恋をして、人間観察をすることがマンガのヒントに

 

【マンガを描き始めたきっかけ】ほめられるのがうれしくて絵ばっかり描いていた

 

――いつからマンガを描き始めたの?

「3~4歳から、絵ばっかり描いている子どもでした。白い紙と鉛筆を持たせていれば、ずーっと何か描いているみたいな。

 

水彩画を描くことが趣味の父に、色鉛筆の使い方を教えてもらっていましたね。

 

保育園で『上手だね』とほめられて、『あ、私、絵がうまいんだ。じゃあ、もっと描こう』と調子にのっていたんです(笑)」

 

『ちはやふる』の作者・末次由紀先生に聞く 高校生でマンガ家デビューする方法

▲8/10発売の35巻の表紙イラスト

 

マンガを読むことも大好きで、雑誌『なかよし』が宝物。

 

毎月、隅々まで何回も何回も読んでいたそう。

 

小学校5~6年のころから、ノートにストーリー仕立てのマンガを描くようになった。

 

中学では、マンガ用のケント紙を使い、30ページ程度の本格的な作品として形にするようになる。 「当時のお小遣いは月500円。ケント紙が1枚40円でしたから、最初は1枚か2枚だけ買って、ペンの練習をしていました。

 

何とか雑誌に載っているような形に近づきたくて、1話完成させるのが目標でした。

 

仕上がったら友達に読んでもらい、『うまいね』とほめられることがやる気になっていたんです。

 

身近な人をモデルにした学園モノとか、超能力者の物語とか。今思うと、あんなわけのわからない話を、よく読んでくれていたな、って思いますが(笑)」

 

【マンガ家を目指す第一歩】雑誌へ投稿して批評されることが励みに

 

『ちはやふる』の作者・末次由紀先生に聞く 高校生でマンガ家デビューする方法

▲15歳のときに、なかよしのまんがスクールに入賞した「月星夜」

 

 

『なかよし』のまんがスクールに初めて作品を投稿したのは中学2年の時。

 

――その時、どんな結果だった?

「自信満々で応募したのに、評価は一番下のCクラス。最初はがっくりしましたが、どこが悪かったのか、編集者さんが細かい文字でいっぱい批評を書いてくれたのがうれしくて、もっとうまくなるように頑張ろうと思ったんです」

1 2 3 4 5次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。