体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォロワー数79万人以上!大関れいかの激推し映画

エンタメ

フォロワー数79万人以上!大関れいかの激推し映画
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。14日の週は、大関れいかさんが「毎日の力になる作品」をテーマにセレクトしています。大関さんは、6秒動画Vineをきっかけに10代、20代から支持を集め、Twitterフォロワー数は79万人以上にもなります。

8月15日(火)のオンエアでは、「ボーン」シリーズを紹介してくれました。「とにかく面白い作品で、期待を裏切らないアクション映画です!」という大関さん。このシリーズは、架空の元CIA暗殺者ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が主人公のスパイアクション映画です

「たとえば女性との恋愛のぐちゃぐちゃしたようなことは、全部省いてて、すごくテンポが良いんです。セリフがとにかく少なくて、ジェイソン・ボーンも全然喋りません。それなのにあっという間に映画が終わるように感じるのは、このシリーズのカメラワークが面白くて『そこから撮るの!?』っていうようなところから撮りまくって、それをたくさんつないで、テンポを良くしているから。観ていて飽きません。観ているこちら側も『やばいやばい!』って思うようなカメラワークもたくさんあって、どんどんのめり込めます。観ている間はずっと前のめりで、まばたきも2回しかしなかったです…たぶん(笑)。しかも、何回も観返したくなりますよ」(大関さん)

大関さんはイライラしている時にアクション映画を急に観たくなることが多くて、そういう時に観て気分をスッキリさせているそう。「(このシリーズは)テンポが良いから、観た後にテキパキ動けそうだし、『もしかしたらこの家にも誰かが潜入していて、見てるんじゃないか…』って思うほどです(笑)。SWATとか警察とかいろいろと出てくるんですけど、みんな強いんです。それを即座に倒しちゃいます。まさに神です!」とおすすめしてくれました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会