体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美術家・横尾忠則「ネコは生活必需品ですね」

美術家・横尾忠則「ネコは生活必需品ですね」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。8月15日(火)のオンエアでは、美術家の横尾忠則さんをゲストにお迎えしました。

番組ではまず、横尾さんがジャケットを手掛けた76年のサンタナのアルバム「アミーゴ」から1曲お届けしたのですが、「サンタナの初来日ライブを収めたライブアルバム(ロータスの伝説)のジャケットをデザインして、そしたら『次のアミーゴもやってほしい』と依頼があって」といういきさつがあったのだそうです。そして、「当時は手で全部指定してやってました。今だったらあっという間にできるんですけどね。非常に原始的な方法だったんです」とも。

そんな横尾さん、普段はあまり外に出ないそうで、アトリエに籠っていることが多いそう。

クリス:ツイッターを頻繁にやっていらっしゃいますが、PCの前にいるのが多いのか、絵を描いている時間が長いのか…1日の中で一番長く時間を費やしていることはなんですか?
横尾:「何もしない時間」が一番長いんじゃないかと思いますね。絵は集中して描くと2日、3日と続きますが、描かないときは1ヵ月くらい描かないこともあるし。

横尾さんといえば愛猫家としても知られていらっしゃいます。先日入院したときにも、病院で、数年前に亡くなったネコ、タマの絵を描いていたそうです。追悼の意味もあり、タマはもう45、46点は描いているそう。そして現在も、横尾さんの自宅には1匹、事務所に2匹のネコ。

横尾:ネコは生活必需品ですね。
クリス:必需品ですか(笑)。
横尾:ストレスを解消してくれますよね。触るだけで癒されますからね。あとは、一方的に会話を交わしたり、向こうも勝手に鳴いてますけどね、それで十分じゃないかと思いますね。

続けて「ネコはわがままなので、自分のしたいことだけする。それはまさにアーティストの精神そのものだと思います。私はなかなかそういうわけにもいかないですが、まあ、なるべくそうできるようにしています」と話していらっしゃいました。

さて、横尾さんの作品といえば、色彩も含めエネルギッシュなアートワークが特徴ですが、「やることによってエネルギーを生産している」のだそう。

「何もしないとエネルギーは停滞していく。何かものを作ることでエネルギーが自分の中から沸き起こってくるということじゃないでしょうか」という横尾さん。そこで最近塗りなおしたというご自宅についてもお聞きしました。

クリス:最近、家をペイントなさったそうですが…。
横尾:ええ。赤とピンクと白と、それからグリーンを少々…
クリス:(笑)。もともとは何色だったんですか?
横尾:白い壁に柱が茶色だったんです。それをグリーンに変えて10年以上たったので、今度はもっと派手にしてみようと思って。
クリス:ちょっとしたペンションみたいですよね(笑)。
横尾:というかね、現物を見ると、神社みたいですよ(笑)。
クリス:(笑)。

後半は、7月に刊行されたばかりの横尾さんの新刊「本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた」についてお話を伺いました。こちらは横尾さんが朝日新聞に8年間連載した書評133編をまとめたものです。気になる方はぜひ手にとってみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。