体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

干渉はしないけど心配はする関係はとても心地いい #ふたりごと

生活・趣味

本当だ! ひーちゃんの生活リズムは、いまの私とまったく逆だね。

私は宣言通り、家で過ごしたりビーチハウスで過ごしたりしているよ。

週1回は海に行くのが私の大切な習慣

20170816_kumi2.jpg

ビーチハウスは数年前に週末を過ごす家として借りた、サーフポイントの近くにあるシェアハウス。

海まで徒歩3分。サーフィンをするのに好立地なところと、手付かずの自然や人があまりいない環境が気に入って借りることにしたの。

週末、海の家で過ごすことを「#Tokyoreset」と名付けてInstagramにも投稿しているんだけど、太陽の日差しをたっぷり浴びながら朝のビーチを散歩したり、ヘタなりにサーフィンにチャレンジしたりして、自然を感じながら自分の心をフラットにリセットしてる。

20170816_kumi3.jpg

つきなみだけど自然はすごい。とくに海は入るだけで浄化されている気分になれて、本当に気持ちがまっさらになるんだ。

ひーちゃんの早朝読書みたいに、週1回は海に行くのが私の大切な習慣。日常の小さな習慣が自分を形成してくれて、気持ちも落ちつくっていうひーちゃんの話、すごくわかるな。

干渉はしないけど心配はする関係はとても心地いいんだ

20170816_kumi4.jpg

年齢、性別、職業、すべてが違うシェアメイトとの共同生活は東京ではできないことだから、私にとってなくてはならないものになっているよ。

シェアメイトとの共通点はサーフィンをすること。それ以外は、本当に全員バラバラ。

普通に生活していたら、もしかしたら出会わなかったかもしれない。

タイミングが合えば一緒に海に入ってサーフィンを楽しんだり、ごはんも一緒に作ったりするけど、連れ立ってベタベタすることはない。

連絡をマメに取り合うこともしないけど、サーフトリップでいきなり海外に一緒に行ったりもする。

何かを相談すれば、たとえ専門的なことでもきちんと応えてくれる人ばかり(優秀な人ばかりなんです)。

これは友だち以上、家族未満の不思議なバランス。干渉はしないけど心配はする関係はとても心地いいんだ。

この関係性は私の人生でも稀なケースで、だからこそとても大切な場所だって感じる。

私も自由にしているから自由にしてね! のスタンス

20170816_kumi6.jpg20170816_kumi5.jpg
1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会