体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜店の2品を一気に味わえる!? 『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たこ焼味』をお祭り気分で食べてみた

各地でお祭りも盛んにおこなわれる夏。夏祭りの出店といえば焼きそばで、その味をモチーフとしたカップ焼きそば『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』を味わった人は多いだろう。これまでにわさびマヨ醤油味蒲焼のたれ味などが登場したが、このたび『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たこ焼味』が登場。はたしてたこ焼味の焼きそばとはいかに……?

見た目的には普通の一平ちゃんと変わらないが……?

カップ焼きそばを代表する明星食品『一平ちゃん』シリーズ。『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たこ焼味』(169gうち麺130g・希望小売価格 税抜205円・2017年6月発売)にも「マヨビーム」でお馴染みのからしマヨネーズが付属する。

 

からしマヨネーズの袋は特許製法で作られており、一定の大きさにノズル部分をカットすることができ、最後まで均一の太さでマヨネーズを出すことができるのだ。

袋類を取り出してお湯を入れていく。基本的な作り方は通常の『一平ちゃん』シリーズとまったく変わらない。

お湯を切り終わったらソースをかけていく。しっかりソースを麺に馴染ませつつ、湯切りの際に集まってしまったキャベツを全体にまぶしていこう。

「マヨビーム」で容器全体にマヨネーズもかけていく。ここまでは特に目新しさはない。

本家のたこ焼きと同様に、最後にはアオサと紅生姜がまぶされたふりかけをトッピングしたら完成だ。見た目的には通常のカップ焼きそばと大差ないが、たこ焼きの味わいをイメージしたマヨだくソース焼きそばとのこと。食べてみて違いがはっきりわかるのだろうか。

 

焼きそばでたこ焼き。味はふりかけしか変わらない……?

たっぷりふりかけとマヨネーズをまぶして、頂いてみる。確かに青のりと紅生姜の風味はたこ焼きを感じることができた。しかしふりかけ以外は普通のカップ焼きそばとほとんど変わらない味に思える。そもそもどちらもソース味なので、極論食感以外は元からたいして味が違わないとも言える……。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。