ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

耳の感染症を阻止するスマート診療機器「hearScope」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
子供にとって、耳の感染症は重大な問題である。

これは、世界的に見て医療保険制度が整っている我が国日本にいたら、むしろ分からないことだ。保険証を持って病院に行けば、最新の機器を持った医師が診察してくれる。窓口で処方箋をもらい、その足で薬局に行く。必要ならば入院もできる。

そうした国は、世界では少ない。医療保険制度は有名無実、病院も近代的な器具に恵まれていないという国のほうが多い。

耳の感染症は、恐るべき脅威となって子供たちに襲いかかる。

・遠隔診察がついに実現!

「hearScope」を開発したのは、南アフリカのスタートアップである。

これは、耳の内部を診察するためのスマートデバイス。直径10mmのペン型カメラで、耳の感染症を発見するというものだ。

このカメラは有線でスマートフォンと接続され、専用アプリも用意されている。映像はスマホの画面に映し出される。だがそうはいっても、素人がその映像を見て「ここに異常がある」と分かるものなのか?

その心配は無用だ。ユーザーはhearScopeで耳の中を見るわけだが、それを診察するのは外部の医師である。データはアプリを経由して専門家に配信される。早い話が「遠隔診察」だ。

これは従来のIoT製品とはまるで意味合いが違う。世界の小児医療問題に救いをもたらすかもしれない、革新的なアイディアだ。

・「投資」と「寄付」を受付中

この製品はクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、149ドル(約1万6000円)からの投資で製品提供を受け付けていた。「受け付けていた」というのは、その枠がすでに埋まってしまったからだ。現在は195ドル(約2万1000円)の枠が最安値である。

それ以外にも、25ドル(約2700円)の寄付枠が用意されている。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。